加藤登紀子 自粛生活で感じたもの「未来につながるコンサートを」

加藤登紀子 自粛生活で感じたもの「未来につながるコンサートを」

2020年6月のコンサートでは『百万本のバラ』や『愛の賛歌』などを歌い上げた

 人々の生活を一変させた新型コロナウイルス。音楽界では、多くのコンサートやイベントが延期や中止となり、多くのアーティストが活動できなくなってしまった。そんななか、昨年6月28日に、先陣を切ってコンサートを開催したのが加藤登紀子(77才)だ。

 本来、2020年は加藤にとってデビュー55周年を迎える記念の年だった。しかし、コロナ禍でコンサートは軒並みキャンセル。4〜6月の3か月で20本近くのコンサートが中止となり、テレビの仕事もキャンセルになった。4月からは事務所も閉め、3か月近く東京の自宅で「ステイホーム」生活を送っていたという。

 自粛期間中は得意な洋裁でクローゼットに眠っていた服やステージ衣装をリメイクし、鏡の前でひとりファッションショーをしたたこともあった。また、ギターの弾き語りで“ひとり55周年ライブ”もした。加藤がステイホーム期間を振り返る。

「私なんか、『寂しいわ』と口でも言えるし、自分の部屋でギターを手に歌いながら泣けばいい。あんな歌もあったわね、あの歌詞は覚えてるかしらって、デビューから思い出していっぱい歌ったわよ(笑い)」(加藤・以下同)

 料理も、最初はひとりでは食べきれないほど作ってみたり、両親から受け継いだロシア料理店のメニューを作ったりしたこともあった。

「最初は時間があるからいろんな料理を作ったのよ。ボルシチやらピロシキやら、お店のメニューを作ってみようって。でも、いっぱい作ってもひとりなのよね。誰も食べに来られないし、ひとりだと毎食それでしょ(苦笑)。そのうち1人分の簡単なメニューになっちゃった」

 新しいことにも挑戦し、YouTubeも始めた。料理教室さながら、作り方をレクチャーしたり、ふだん実践している階段の上り下りを呼吸法のポイントを交えて紹介しながら動画を投稿していた。そんなステイホーム中に身にしみたのがルーティンの大切さだ。

「若い頃は“しきたりなんて御免被る”なんてアウトオブルーティンで生きてきたけど(笑い)、続けることは大事ね。私ね、40代半ばからストレッチを始めて30年続いてるの。やり始めた頃よりもいまの方が体は柔らかくなってるくらいよ。でも大事なのはそこじゃない。続けることなんですよね。

 よく言ってるのは『老化の段差にご注意』ということ。病気や何かの事情でいつものルーティンが崩れると異変が起きやすい年代なの。昨日のペースがわかるから、今日のペースがいいか悪いかわかる。今日のペースがわかるから明日がみえる。続けるってそういうことなんですよね。

 廊下の段差も気をつけなきゃいけないけど、老化の段差にも気をつけないと。だからルーティンって大事なんですよね」

 体の異変も心の異変も、いつも自分を見つめていれば、変化がわかる。

「完全に自分が墜ちる前に助けなきゃいけない。お腹が空いたらご飯を食べるのと同じように、心の異変も敏感に感じることが大事。

 それは仕事でも同じ。これ以上は自分では無理だなと察知して、自分でブレーキをかけられるようにすることは大事。それ以上は無理しない。人間の心と体はやっぱりもろいですから。自分の心と体に“もしもし? 大丈夫?”と声をかけてあげていないと」

 朝は朝ドラを見るために起き、娘たちと作った自家製味噌で味噌汁を作り、朝ご飯を食べる。昼は適当に済ませ、夕方のチャイムが鳴ったら夕食の支度をし、夜はゆっくりとお風呂に入る。

「48才で乳がんになって摘出手術をしたんです。その頃に低体温に悩まされていて、その改善のために設置した家庭用サウナで本を読むのも日課。ルーティンがきちんとできるのはひとり暮らしの醍醐味だと思うんですよ。ひとり暮らしってややもすると、いくらでもだらしなくなるでしょ? 自分しかいないと誰からも怒られないからね。

 でも、ルーティンができるのも、自分しかいないからできるということでもある。自分が勝手に決めたルーティンだけど、布団に入ったときに今日もルーティンができたと思えたときにどれほど幸せか(笑い)」

 50年近く続く年末恒例の『ほろ酔いコンサート』も、コロナの影響で内容を変更しながらも、無事開催された。こうしてコンサートが続けられているのも、自粛で塞ぎそうになる背中を押してくれた、旧知の医師・鎌田實さんのひと言だった。

「緊急事態宣言が発出されて少しした頃だったかな。予定していたコンサートが次々と中止になって、医療や福祉の現場は逼迫し、休業や失業とつらいニュースばかりを目にして、不安と無力感で打ちのめされそうになっていたときに『おトキさんは歌手なんだから歌いなさいよ』って言われたんです。鎌田先生は何の気なしに言ってくれたと思いますけど、そのひと言はブレーキをかけていた蓋をあけてくれた、すごくいいきっかけをくださったなと思いますし、すごくうれしかったですね」

 ひとりの時間を充実させる一方で、日々増えていく感染者数。防護服で奮闘する医療現場の人々の姿に、感染者に会えない家族の姿に、見えないウイルスとの闘いに心を痛め、どうしたら応援できるのかという思いを綴った歌が生まれた。『この手に抱きしめたい』だ。

 その思いに賛同した笑福亭鶴瓶や相川七瀬、ゴスペラーズなどが同曲を歌リレーをした動画は2万回近く再生された。

「いまコロナの影響で大変なことは紛れもない事実だけれども、私たち世代ができることは何だろうって。生きてきた長さだけ、生きる知恵が発揮できる面があるんじゃないかなって。弱気にならず、未来につながるコンサートを続けていきたいなと思うんです。

 シャンソン歌手って、世界を見るとだいたい死ぬ直前までステージに立って歌うんです。私が健康のためにとか、ひとり暮らしを楽しむためにとやっていることは、すべて歌い続けたいから。シャンソン歌手が年齢を重ねてもステージに立ち続けられるのは、そのときの自分を歌っているからだと思うんです。私も何があっても、どんな経験をしても、そのときの私を楽しんで表現し続けたいと思います」

【プロフィール】
加藤登紀子(かとう・ときこ)/1943年、旧満州ハルビン生まれ。1965年、東京大学在学中に歌手デビューし、『赤い風船』でレコード大賞新人賞受賞。『百万本のバラ』『愛の讃歌』などヒット曲多数。2020年に歌手生活55周年を迎えた。女優や声優としても幅広く活躍し、地球環境問題にも取り組んでいる。

取材・文/伏見友里 撮影/関谷智幸

※女性セブン2021年1月28日号

関連記事(外部サイト)