2次元 vs 2,5次元 vs 3次元 ファンが明かす「推し」の魅力

2次元 vs 2,5次元 vs 3次元 ファンが明かす「推し」の魅力

多くの女性を虜にする佐藤健

 好きなアイドル、俳優、アーティスト、キャラクターなどを、熱心に応援する「推し活」。実在するアイドルや俳優といった“3次元”を推す人もいれば、アニメのキャラクターなどの“2次元”を推す人もいるし、さらにはアニメやゲームの原作とした“2.5次元”の舞台に出演する俳優を推す人も。そこで、女性セブンの読者を対象1175人を対象に「推し活」に関するアンケートを実施。その結果から、読者たちが語る「推しの魅力」についてのコメントを紹介する。

【3次元】
●佐藤健(俳優)

 友達の誘いで佐藤健さんのLINE公式アカウントに登録をしたところ、わりと頻繁に本人からメッセージが来ます。律儀な性格にキュンキュンしますね。(45才・主婦)

 ドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)でハマりました。性格がよくてファンを大事にするところが好き。シュガーでのファンとの通話も楽しみです。また、LINEグループで若い子と知り合い、推しの話をたくさん共有できました(61才・主婦)

『ルーキーズ』(TBS系)でハマり、『仮面ライダー電王』(テレビ朝日系)までさかのぼりました。DVD購入でハイタッチ会に参加し、本当に存在していたことがわかって感無量です!(30才・パート)

●中村倫也(俳優)

 語彙力に惚れました。ビジュアル、演技力はもちろんですがインタビュー時のコメントの安定感といったら!(53才・会社員)

“カメレオン俳優”の呼び名の通り、どんな役でもハマるのが魅力的。声もいい! 歌もうまい。見ているだけで癒される。YouTubeの『中村さんちの自宅から』という動画も、気がつけばずっと見ています。いまはドラマ『この恋あたためますか』(TBS系)にドハマリ中。パートの休日は、一日中、リピート見! 当分この沼からは抜け出せそうにないかなぁ。(53才・パート)

●西川貴教(歌手)

 母がファンで、幼稚園の頃から曲を聴いて育ちました。小学校低学年のときからライブにも連れて行ってもらいましたが、見た目も歌声も発言も言動も全部好き! 子供の頃から神なんです! 最も長く推している、カッコいい人です! 小学3年生のとき、母がライブの最前列を当てました。それだけでも幸せですが、なんと、ご本人が腕につけていたリストバンドを、私を指さして投げてくれたのです! うれしさよりも驚きが勝り、キョトンとしてしまいました。(24才・会社員)

●エドワード・ファーロング(俳優)

 映画『ターミネーター2』を高校生の頃にテレビで見て、ジョン・コナー役のエディのお顔の美しさと話し方にベタ惚れ。彼の話す英語を聞き取りたくて勉強を始め、いまでは翻訳者に! 映画の字幕翻訳をしているので、いつかエディの出演作を担当したい!(33才・自営業)

●畠中祐(声優)

 声優の畠中祐さん推しです。3才の息子が『ウルトラマンZ』(テレビ東京系)にハマり、一緒に視聴していたところ、ウルトラマンの「ええ声」が気になり、本人が歌うエンディングテーマ曲を聴いた瞬間、恋に落ちました。いまでは推しの曲を延々と車で流すので、息子から「ほかの歌がいい!」とクレームを受けることもしばしば。コロナの影響でコンサートなど直接触れ合える機会が少なくなっているため、もっと早く存在を知っていればと悔しい日々です。(31才・会社員)

●浅沼晋太郎(声優)

 40代とは到底思えないかわいらしい容姿もいいのですが、何よりも声が大好き。はじめはアニメの『ヒプノシスマイク』(TOKYO MX系)の碧棺左馬刻やアニメの『K』の弁財酉次郎など、自分の好きなキャラターの声が好きでしたが、調べていくうちに浅沼さん自身にハマっていきました。(29才・会社員)

●千葉雄大(俳優)

“ちょっと毒あり”が千葉雄大くんの魅力。写真集イベントで“ちば沼”に落ちました。イケメンはたくさんいますが、あざとさ、毒舌、ユーモアを兼ね備えているのは千葉くんだけ!(41才・会社員)

●メナ・マスード(俳優)

“アラジンフェイス”のメナ・マスード。実写版『アラジン』の俳優さんです。とにかく顔が濃い! しかし、それ以来、アラブ系の美しさに目覚めました。念願のサインを入手して感激です!(45才・会社員)

●カズレーザー(芸人)

 カズレーザーの知性に釘付け。ヤバそうな人→クイズ番組での頭のよさのギャップにすっかりハマりました。クイズ会でお会いし、少しだけ話すこともできて夢のようでした。(36才・会社員)

●藤井聡太(棋士)

 他人とは思えぬ藤井聡太二冠。ハマった理由は、姉から藤井さんがうちの子供になんとなく似ていると言われたこと。テレビなどで活躍を見ているうちに大ファンになりました。(48才・主婦)

●及川光博(歌手・俳優)

 高校生のとき、テレビで見た“ミッチー”の王子様ぶりにFall in Love! ファンクラブのイベント恒例の温泉ツアーにはほぼ全部参加していて、そのたびにツーショット(肩組み付き)を撮ってもらっていますが、一度「ハグあり」の回があり……。死ぬかと思いました。(41才・会社員)

●七海ひろき(元宝塚)

 元男役スターの七海ひろきさん。退団後は歌手、俳優、声優、アーティストと多岐にわたる活躍をしながら、宝塚時代よりさらにイケメンに! ファンに対する優しいお人柄に惚れています。毎日おはよう&おやすみのツイート、不定期ですがLINEメッセージや写真、音声メッセージなど、胸キュンを与え続けてくださいます。あのかたに恥をかかせないファンとして、襟を正して生きていこうと思うのです。(52才・会社員)

【2.5次元】

●鈴木拡樹(俳優)

 いままで、誰かにハマったことが一度もなかった私ですが、一昨年にふと見た2.5次元男子の鈴木拡樹さんにひと目惚れしました。きっかけは、テレビアニメの『どろろ』です。鈴木さんは、主役の百鬼丸をアニメの声でも、舞台でも演じていて、その哀愁漂う演技にすっかり魅了されてしまったのです。それ以来、暗記するほど『どろろ』を見続けています。俳優さんとしても、これからの活躍が楽しみ! とても期待しています。鈴木さん推しになって以来、生きがいができ、生活にハリが出たような気がします。ただ、ダウンロードした作品をうっかり消してしまったときは大ショックで……。もう二度と見ることができないと思ったら、数日落ち込んでしまいました。(58才・主婦)

●猪野広樹(俳優)

 2.5次元舞台を中心に活躍中の猪野広樹クンを激推ししています。もとは、大好きだった漫画『ハイキュー!!』での推しキャラ「菅原孝支」を演じられていたのがきっかけです。猪野くんの魅力は、大きくて常にうるうると水分量多めな瞳ですね。舞台でもキラキラ輝いていて、最大のチャームポイントだと思います。うれしかったのは、バースデーイベントの抽選会で当選し、推しが待つ部屋の中に1人だけ通されたこと。その場でいただいたサインは、最高の宝物です。(24才・パート)

【2次元】

●尾形百之助(漫画・アニメキャラクター)

『ゴールデンカムイ』に出てくるキャラクターの尾形百之助が最推しです。生い立ちがつらすぎて母性本能が爆発してしまいました。甘やかしてあげたいです。推しに恥ずかしくないように、きれいな格好や言葉遣いを意識するようになりました。(30才・主婦)

●三井寿(漫画・アニメキャラクター)

『スラムダンク』の三井寿がイケメンすぎて、リアルの男性に魅力を感じなくなってしまった! いまの夫と出会ったのが奇跡。(36才・主婦)

●鬼龍紅郎(ゲームキャラクター)

 アイドル育成ゲーム『あんさんぶるスターズ!!』の鬼龍紅郎は、ビジュアルから“ドストライク”のかっこよさ。怖そうな見た目に反し、めちゃくちゃ面倒見がよくて優しい。裁縫上手、シスコンなどギャップ萌えが激しすぎて知れば知るほど沼にハマっていくのです。低音ボイスもとにかくやばい。(28才・ 会社員)

●『蒼穹のファフナー』(アニメ作品)

 10代の頃から放送しているアニメ。見ているのが苦しすぎて人にはおすすめできない作品ですが、痛みさえも祝福だと思ってハマっています。(32才・公務員)

●怪盗キッド(漫画・アニメキャラクター)

 映画版『名探偵コナン』で初めて彼を見た瞬間、雷に打たれました。それからずっと私の中での王子様です。(34才・会社員)

取材・文/佐藤有栄 イラスト/あらいぴろよ

※女性セブン2021年1月28日号

関連記事(外部サイト)