50年来のファンが語る沢田研二「厳しいことを言うと喜んで下さる」

50年来のファンが語る沢田研二「厳しいことを言うと喜んで下さる」

事務所公認ファンクラブの会報「LIBERTY」

 1967年に「ザ・タイガース」のメンバーとしてデビューし、1970年代以降はソロシンガーとして日本歌謡界をリードした永遠のスター、「ジュリー」こと沢田研二。今回は「ジュリーひと筋50年以上」というファンで、『沢田研二大研究』(青弓社)の著書がある國府田公子さんに、貴重な“お宝”を公開していただくとともに、ジュリーの魅力を語ってもらいました。

 * * *
 ジュリーを好きになったのは「ザ・タイガース」時代から。中学1年生のときにテレビ番組で『シーサイド・バウンド』を歌っている姿を見て、「なんてかっこいい、素敵な人なんだ」と、ただただ魅せられて、そこからジュリーひと筋。それこそ、ジュリーが載っている週刊誌はすべて買って、その部分を切り抜いて部屋中に貼っていました。

ファンクラブの会報

 ファンになってから2年半ほどが過ぎた高校1年生のある日、とある雑誌で、JFC(ジュリー・ファン・クラブ)を知りました。JFCからミニコミ誌『JFC』が年に数回出るのですが、ファンたちがそこにジュリーに対する思いを書いていました。

 1960〜1970年代、ジュリーは東京・銀座のジャズ喫茶でも歌っていたのですが、そこで『JFC』が渡され、ジュリー本人が読むんです。『JFC』にメッセージを投稿すれば、ジュリーが読んでくれる!と思うと、胸が高まり、ラブレターを書くような気持ちで、新曲の感想やジュリーの魅力を懸命に綴ったことを覚えています。

ジュリー直筆の感謝状

 その後、「沢田研二ファンクラブ」が発足しました。広島・山口支部もできて、そこの活動に参加するようになりました。この支部にも『LIBERTTY(リバティ)』という名の会報があり、ジュリーの活動報告やコンサートの感想などを私たちが手書きで寄せていました。

「ザ・タイガース」デビューから10年目、ジュリーから支部あてに直筆メッセージが届きました。これはコピーですが、「澤田研弐」とある。澤田はジュリーの本名の綴りですが、「弐」はなんだったんでしょうね。当時のジュリーのこだわりかもしれませんね。

 そうそう、ジュリーは、自分のファンがただ「かっこいい〜、素敵〜」などと、通り一遍の感想や上辺だけの言葉を言うだけでは喜ばないんです。「あそこの演出がいまひとつだった」「こうした方がいいかもしれない」というような、作品やステージに関する率直な意見や感想、それもちょっと厳しいことを言うと喜んでくださるんです。

 きっと、“ここまで自分のことを見てくれているんだ”と、ファンを信頼してくださっているんだろうと想像していました。だから私も、ただほめちぎるだけじゃなく、改善してほしいところ(と言うと偉そうですが)、楽曲やステージに正対した意見や感想をきちんと書くようにしていました。

野球大会での奇跡のショット

 ジュリーは野球少年。スターになってからも、趣味で野球を続けていました。これ(左写真)は、広島公演のときに、所属していたレコード会社「ポリドール・レコード」の広島営業所の社員たちと広島市内で野球大会をしたときの一枚です。

 私たちファンクラブ広島・山口支部から、いつも広島で野球大会をしてほしいと関係者にお願いしていました。だから、自分たちも関係者として特別に球場に入ることができました。こんな間近でジュリーを見ることができるなんて……と胸がいっぱいだったことを覚えています。ジュリーは背番号「26」で、たしかピッチャーでした。投げる姿も打つ姿も美しかったです。

公式ブック

 1985年に出版されたジュリーの公式本『我が名は、ジュリー』(中央公論社)は、全編、エッセイストの玉村豊男さんとの対談形式で、よくここまで語ったなと思うぐらい、いろんなことが綴られています。

 面白いのは、中学時代の通知表や最初の奥さん(元「ザ・ピーナッツ」の伊藤エミさん)との婚姻届、健康診断で撮ったレントゲンの写真などのコピーが随所随所に綴じ込まれていることです。よく見ると、ジュリーは中学校のときの音楽の成績が「3」なんです。それ以外は4と5。成績優秀だったんですね。

【プロフィール】
沢田研二(さわだ・けんじ)/1948年6月25日生まれ。京都府出身。1967年、ザ・タイガースでデビュー。『シーサイド・バウンド』や『君だけに愛を』などで人気を博す。1971年11月、シングル『君をのせて』でソロデビュー。1973年4月に発売した『危険なふたり』が65万枚を超えるヒットに。1977年5月に発売した『勝手にしやがれ』で第19回日本レコード大賞を受賞する。シングルは75枚、オリジナルアルバムは45枚(いずれも沢田研二名義)。2021年には山田洋次監督の『キネマの神様』に菅田将暉とともにW主演する。

國府田公子さん/ファン歴53年。広島県出身。1998年から私設ファンサイト「Julie’s World」を立ち上げ、その内容をまとめた『沢田研二大研究』(青弓社)を2019年に出版。不動産会社勤務。

取材・文/廉屋友美乃 写真提供/國府田公子さん

※女性セブン2021年1月28日号

関連記事(外部サイト)