50年以上の沢田研二ファン 付き人からもらった台本や資料を公開

50年以上の沢田研二ファン 付き人からもらった台本や資料を公開

2代目付き人から託されたステージ写真。どの公演のとき、どんな衣装だったかを記録するためにファイリングされていた

 1967年に「ザ・タイガース」のメンバーとしてデビューし、1970年代以降はソロシンガーとして日本歌謡界をリードした永遠のスター、「ジュリー」こと沢田研二。そんなジュリーひと筋50年以上という熱心なファンで『沢田研二大研究』の著者でもある國府田公子さん(67才)に、その魅力を教えてもらうとともに、所蔵する貴重なお宝を紹介してもらった。

 * * *
 実は、私の友人がジュリーの2代目の“坊や”(付き人)をやっていた時期があったんです。彼は大阪の人で、ジュリーのバックでギターを弾いていた「井上堯之バンド」のファンで、井上さんのファンクラブのお手伝いをしていたのですが、それがきっかけで、ジュリーの坊やにならないかと声がかかったようなんです。

 彼とは仲よしでしたが、私が結婚をして、忙しくなってからは音信不通に。25年ぐらい経った頃、共通の知人を介して再会しました。

 彼はいま、芸能関係とは違う仕事についているのですが、付き人として、さまざまな現場について行ったときの貴重な資料を「公子さんに託すよ」と言って、あれこれ渡してくれたのです。その1つがこの衣装写真。

 ジュリーがいつどこのステージでどんな衣装を着ているのかを記録しておくもので、写真とともに「○月○日、日劇」などとメモが添えられている。ジュリーの歴史を知る上でもかなり貴重な資料ですから、預かった以上は、大切に厳重に管理をしています。

映画やコンサートの台本

 これも友人の元坊やから託されたもので、ジュリーが出演した映画やドラマ、コンサートの台本です。

 コンサートの台本は、バンドの演奏がいつ入るか、どのような演出がされるかなどが書かれています。

『源氏物語』は、1980年の正月にTBS制作で放送されたスペシャルドラマ。これに赤いペンでいろいろと書き込まれています。見ると、おそらくジュリーの字。

 現場での演出やシーンの変更点などが記されています。丁寧な字で書かれていて、これを見ると、まじめな性格なんだなということがうかがい知れるのです。

ジュリーに渡したヒット祈願のしゃもじ

 これは1977年の写真。この年に発売した『勝手にしやがれ』がレコード大賞を獲れるように、広島県・宮島の嚴島神社で祈願してもらったしゃもじです。

 一緒に写っているのは広島・山口支部のメンバー。このときジュリーは広島でコンサートをしていて、このしゃもじをジュリーに直接、手渡すことができました。

 年の瀬で、たしかレコード大賞発表の3日前だったかと思うのですが、関係者にお願いして楽屋でお渡しすると、「おおきに」と言って、受け取ってくれました。

 その後、楽屋を出て、廊下で感激していると、「誰か、裁縫できる人いてない?」と毛皮を持ったジュリーがつかつかと出てきました。どうやらプライベートの毛皮のコートの一部がほころんでいたみたいなんです。

 私ともう1人の子が裁縫ができたので、「はい! やります」と言って、自分の持っていた裁縫道具(針と糸)でほころんだところを縫いました。その衣装のほかにもいくつか縫ってさしあげたことを覚えています。

 それらをお渡しすると、また「おおきに」と言ってくれ、天にも昇るような気持ちになりました。

 私たちファンはジュリーが健康でいてくれることがいちばんなんです。2018年にコンサートをドタキャンしたときも、まず、病気じゃなくてよかったと思いました。

 私たちはジュリーが決めたことに従うだけ。あとは、あの歌声を長く聴かせてくれること。ジュリーは88才まで歌い続けたいと言っていますが、100才まで歌ってほしい。そこまで私も長生きをして、一生、ついていきますから。

【プロフィール】
國府田公子さん/ファン歴53年。広島県出身。1998年から私設ファンサイト「Julie’s World」を立ち上げ、その内容をまとめた『沢田研二大研究』(青弓社)を2019年に出版。不動産会社勤務。

取材・文/廉屋友美乃 写真提供/國府田公子さん

※女性セブン2021年1月28日号

関連記事(外部サイト)