チェリまほでブレイク 劇団EXILE・町田啓太の「萌えを把握する技術」

チェリまほでブレイク 劇団EXILE・町田啓太の「萌えを把握する技術」

BLイケメンからヤンキーキャラまでこなす(2018 TIFF/AFLO)

 2020年下半期は、俳優・町田啓太の勢いが目覚ましかった。劇団EXILEに所属する町田は、これまでNHK朝ドラ『花子とアン』、『HiGH&LOW』シリーズ、NHK大河『西郷どん』などに出演し、それぞれ評価は高かったものの、なかなか本格ブレイクの芽を出せずにいた。それが、昨年10月期に放送された“チェリまほ”こと『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(テレビ東京)で当たり役をつかみ、大きく飛躍したのだ。

 同ドラマは、WEBマンガ雑誌『ガンガンpixiv』に連載中の豊田悠による人気BL漫画が原作。童貞のまま30歳を迎えた主人公・安達清(赤楚衛二)が、「触れた人間の心が読める魔法」を手に入れたことから始まるラブコメディだ。町田が演じたのは、安達に恋する同僚・黒沢優一役。仕事もデキて一見完璧イケメンな黒沢だが、心の中では安達に対する妄想が爆発しており、そんなギャップを町田はコミカルに好演してみせた。

 深夜帯の放送だったにもかかわらず、“チェリまほ”は多くのドラマ好きから高い評価を受けた。さらに世界的な実写BLドラマ人気を受けて、台湾の動画配信プラットフォームKKTVで人気ランキング1位を獲得するなど、アジア全域で反響を呼んだ。

 その波に乗って、町田のファースト写真集『BASIC』(光文社)の売れ行きも増大した。2019年11月に発売された同写真集だが、“チェリまほ”効果で増刷が決定。中国、韓国、タイ、台湾などアジア各地の書店に出荷され、2020年12月には5刷5万部を突破した。男性芸能人のソロ写真集としては、かなりのヒットだ。

 また、同年12月10日より配信スタートしたNetflixオリジナルドラマ『今際(いまわ)の国のアリス』の演技も好評を博した。町田が演じたのは、金髪頭のヤンキーキャラ・カルベ役だ。“チェリまほ”の黒沢とは真逆の役どころで、「演技の振り幅がすごい」と称賛の声が寄せられた。『今際の国のアリス』は、Netflixの世界総合ランキングでトップ10入りするほどの人気ぶりで、「世界に通用する日本のドラマ」との呼び声も高い。カルベもまた町田のハマり役のひとつになったのではないだろうか。

 2020年下半期の話題作に立て続けに出演した町田は、今年いつ本格ブレイクを遂げてもおかしくない存在だろう。

 ドラマ・映画ライターの小田慶子氏は、「そのジャンルにおける最適解を出せる人」と町田を評する。

「少女漫画原作のものでも少年漫画原作のものでも、それがどういうジャンルの作品で、その中でもどういう“萌え”が求められているのか、しっかり把握・分析できている。与えられた役柄に“寄せる”だけでなく、どう演じれば視聴者に楽しんでもらえるかということを人一倍、意識していることが伝わってきます。スポーツ選手に例えるなら、体操選手でしょうか。ゆか・つり輪・あん馬・跳馬・平行棒・鉄棒の6種目をオールラウンドにこなしているような印象です。しかも、どれも上手い。

 例えば少年漫画原作の『今際の国のアリス』のカルベ役は、アウトロー的なところがありつつも、基本は真面目で友達思いというキャラです。親友のアリス(山崎賢人)に別れを告げる場面は、『いいやつだったな』と原作のメインターゲットである男性の涙を誘うでしょう。

 一方、BL漫画を原作とした“チェリまほ”での、『顔が良すぎて本当の自分を見てもらえない』という悩みを抱える役なんて、なかなか他の人には演じられません。しかも、主人公の安達は人の心が読めるので、黒沢の心の声はだだ漏れというのが、このドラマのポイント。『心ではドキドキしているのに、口では違うことを言っている』という難しい表現が求められましたが、どの場面でも巧みにコミカルに演じていました」(小田氏)

 町田がさらにステップアップするためには、どんな役柄がぴったりだろうか? 小田氏はこんな想像をふくらませる。

「『PRINCE OF LEGEND』シリーズで演じたナルシストキャラのようなイケイケの役もいいのですが、“チェリまほ”の黒沢のように、『とんでもない状況に陥って混乱し、振り回されながらも誠実さを貫く』という役どころが、彼の人気を押し上げると思います」

 まだ2021年の出演作については明かされていないが、町田の次なる作品に期待するファンは国外にも大勢いる。あとは、いつお茶の間で人気が爆発するか。種火はしっかりと燃えているのだ。

◆取材・文/原田イチボ(HEW)

関連記事(外部サイト)