コロナ禍でがん治療の笠井信輔アナが振り返る「自宅内ロックダウン」

コロナ禍でがん治療の笠井信輔アナが振り返る「自宅内ロックダウン」

がんを寛解させた笠井信輔アナ

 新型コロナウイルスの感染拡大で厳しい現実に直面する日本の医療現場。がん患者の支援団体「CSRプロジェクト」が行った調査によると、がん患者の8人に1人が治療の内容や時期を変更せざるをえなくなっているという。自らもがんによる入院・自宅療養を経験したフリーアナウンサーの笠井信輔さん(57才)に、コロナ禍での闘病生活について話を聞いた。

笠井さんは2019年12月、「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」との診断を受けた。このときすでにステージはIVで、抗がん剤の持続点滴による入院治療が進められた。

 Instagramやブログを通じて精力的に発信を続けながら、厳しい治療は続いた。回数を重ねるにつれて強まる抗がん剤の副作用に弱音を吐いてしまうこともあった。

「私の場合、投与後の1週間がきつかったです。全身が鉛のように重くダルい。味覚障害や口内炎にも悩まされましたが、それ以上に問題だったのは指先の痺れ。力が入らず、爪切りもままならないのです。いまはリハビリで回復しましたが、当時はどうなることかと思いました」(笠井さん・以下同)

 追い討ちをかけるように、コロナ禍での入院生活で過酷な状況を強いられた。

「いちばん堪えたのはお見舞い禁止の面会謝絶です。われわれがん患者を含め、闘病生活を送る人のモチベーションとなるのは同じ病気を克服した人の体験談だったりするのですが、見舞いに来てくださるかたがたからそうした話を聞いて気力を保てていたんですね。苦しい治療の助けにもなっていました。そうした交流が、感染拡大を境に一切なくなってしまったため、大変な孤独感に苛まれました。

 これは病院に限らず、高齢者施設や障害者施設にもいえることですが、今後は入院患者や施設利用者のメンタルケアが重要な課題となってくると思います」

 約4か月半の入院生活を終え、退院日を迎えたのは緊急事態宣言下の4月末。がんはほぼ消えていたが、抗がん剤の影響で白血球の数値が通常の人の半分にも満たない状態。免疫力の低下はウイルスの攻撃を受ければ重症化が危ぶまれる。自宅療養はコロナとの新たな闘いの始まりでもあった。

「退院する前に、家族にLINE通話で『自室に引きこもってセルフロックダウンします。部屋から出ませんから、よろしくね』と頼みました。

 トイレとお風呂、早朝の散歩以外は部屋から出ない。食事は息子たち(次男・22才、三男・17才)がドアの前まで運んでくれて、食べ終わった食器も下げてくれました。退院後もひとりで食事をするのは寂しかったですが、食卓とスマホでつながっていたので、一緒に食卓を囲んでいるのと同じように映像を見ながら会話もできました。結婚記念日も三男の誕生日もそういう形で祝うことができてうれしかったです」

 闘病中、いつも前向きに背中を押してくれたのは、テレビ東京の元アナウンサーで現在も同社の管理部門に勤める妻の茅原ますみさんだった。

「妻はもともと、ものすごく泣き虫な人なんですよ。でも、がんに関しては本当に泣かない。明るく『何言ってんの、大丈夫よ』って、それを貫き通していましたね。後になって『私の役目はあなたに元気を照射することだから』と話してくれました」

【プロフィール】
笠井信輔(かさい・しんすけ)/1963年4月12日、東京都出身。早稲田大学卒業後、1987年にアナウンサーとしてフジテレビに入社。大規模災害時には被災地の取材のほか、ボランティア活動にも積極的に取り組んだ。2019年10月に同社を退社し、フリーアナウンサーに転身。多方面で活躍中。

取材・文/加藤みのり 撮影/浅野剛

※女性セブン2021年2月4日号

関連記事(外部サイト)

×