元AKB48内田眞由美 借金5000万円で開店、焼肉店のコロナ禍の苦境語る

元AKB48・内田眞由美が経営する『焼肉IWA』の苦境を告白 借金5000万円は現在も返済中

記事まとめ

  • 元AKB48・内田眞由美は7年前、アイドルをしながら『焼肉IWA』を開店した
  • 2回目の緊急事態宣言で経営は厳しく、1回目と違って通販の売り上げも伸びないという
  • オープン時の5000万円の借金はまだ残っていて、完済までの予定が伸びているらしい

元AKB48内田眞由美 借金5000万円で開店、焼肉店のコロナ禍の苦境語る

元AKB48内田眞由美 借金5000万円で開店、焼肉店のコロナ禍の苦境語る

焼肉店の苦境について語る内田眞由美

 2010年にAKB48じゃんけん大会で優勝し、一躍話題となった同グループの元メンバーでタレントの内田眞由美(27才)。アイドルをしながら開店した大衆焼き肉店「焼肉IWA」(東京都新宿区)は今年7周年を迎えるが、オープン時の5000万円の借金を現在も返済中だ。新型コロナウイルスの影響で危機的という経営状況を本人が語った。

――2回目の緊急事態宣言、さらには延長も決まり、店の経営は大丈夫?

内田:すごく苦しくて、史上最悪と呼べるくらい厳しい。良い時と比べたら、売り上げは9割減です。1回目の緊急事態宣言の時もお客さんは少なかったんですけど、そのときは通販に力を入れて、購入していただけました。2回目ともなると消費する元気もなくなっているのか、通販も伸びません。

 アルバイトの子たちもあまり入れることができなくて、「ごめんね」と言いながらお休みしてもらっています。うちはアルバイトの女の子とお客さんが会話で楽しめるのもウリなのですが、距離を取らなければいけないので、こんなんじゃなかったのにな、って悲しくなります。

――不況のなか、工夫していることは?

内田:元々遠方から来ていただける方も多かったので、コロナが落ち着いたらまた来ていただけるように、後から使えるお食事券をオンラインで販売したり、テイクアウト限定のメニューやお弁当を作ったりと努力しています。

 新メニューも考案しています。最近考えたのは、ビネガーサワーです。私はリンゴ酢が好きなので、この時期に大切な免疫力アップにつなげたいと思い、健康的なメニューを作りました。お酢の割合が難しくて、私はすっぱめが好きなのですが、できるだけその人の好みに合わせて作ったり、見た目も可愛くするためにカットフルーツを入れたりしました。

――20時までの時短営業をどう思う?

内田:それがニュースに流れた時にTwitterで、「もし夜7時にラストオーダーになったらどうしますか?」と訊いたらすごく反響があって、「7時なら行かない」という答えがほとんどでした。なかには「頑張って行くよ!」という方もいたんですけど、「平日の仕事終わりじゃ無理」という声が多くて、それはそうだよねって。実際に今はその状況です。

 閉店時間が早まった分、本来夕方5時スタートだったのを1時間前倒ししました。ランチは元々やっていなかったんですけど、夜だけじゃ厳しいので始めようかと思案中です。

――1日6万円の協力金で足りますか? 

内田:ありがたくはあるんですけど、全然足りないですね。だったら遅くまでやっちゃったほうがいいじゃん!という気持ちを抑えています。申請の手続きは時間も手間もかかるので、やることが多いんです。でもきっと政府がそう決めるということは、飲食店の夜の営業が感染拡大の懸念点なんだと思うので、我慢しかないです。

 交友関係のある飲食店は、緊急事態宣言があけるまで休業しているところも多いです。開けているほうが赤字になるので。それでも給付金や助成金だけでは足りません。売り上げが激減しているので、働いてくれているアルバイトの子たちに給料を払えなくなるのが一番つらいことなので、そうは絶対にならないようにしたいと思っています。

 飲食ももちろんですけど、観光業の方も大変ですよね。私は旅行が好きなのですが、よく行っていた宿がなくなったり苦しんでいると、それだけでつらくなります。もっと助けが欲しいと思っちゃいますね。

――厳しいとき、手を差し伸べられると優しさが身に沁みますね。

内田:千原せいじさんがよく来てくださるんですよ! せいじさんはバイクでいろんなところに行く方なんですけど、「家で焼いて食べるわ」ってお肉をテイクアウトしてくださる。颯爽とバイクで現れて帰っていくんですけど、カッコイイなと思いました。せいじさんはお仕事でご一緒してから仲良くしてくださって、ほかのAKBのメンバーと一緒にご飯に行ったりもしていました。お母さんと同じ年なので、お父さんのように慕っています。

 AKBのメンバーもテイクアウトに来てくれます。あまり公には言えないけど、食べに来てくれることもあって、思いやりを感じて嬉しいです。

――そもそも焼肉屋さんを始めたきっかけは?

内田:もともと両親が焼き肉屋をやっていて、幼少期から焼き肉と接して育ちました。AKBに入って数年して、アイドルでこれからずっとやっていくのは難しいなと考えた時、私もお店がやりたいと思って。何にしようかなと迷いましたが、焼き肉屋に決めました。

――2014年にAKB48在籍中のオープン。周囲の反発もあった?

内田:急に経営者になると宣言したので、「どうした、大丈夫か?」って心配されました。でも両親のサポートやファンの方に助けられてここまできました。北原里英ちゃんが同期で仲がいいのですが、当時からずっと応援してくれて、オープン前日のプレオープンに一番に来てくれたり、今もテイクアウトしてくれます。

 5000万借金をしてオープンしたので、不安もありました。見たこともない数字過ぎて、今考えると、なんでこんなに借金をしてオープン出来たんだろうという感じです。当時は「やってみたい!」という気持ちが大きかったんですよね。

 まだ借金は残っていて、少しずつ返しています。コロナ禍なので返済額を減らしてもらったりしているので、予定が伸びています。当初のプランでは5年で完済するはずでしたが、10年にはなっている。まだまだ道のりは長いです。

――元AKB48メンバーがバイトをしていますね。

内田:中学時代からAKBをしていたので、友達がほとんどAKBだったんですね。野中美郷ちゃんに声をかけたことから始まって、気づいたら元AKBばかり働いていた。今、働いてくれている元AKBは、岡田彩花ちゃん、相笠萌ちゃん、橋本耀ちゃん、飯野雅ちゃんたちです。

――印象に残るエピソードを教えてください。

内田:一番話題になったのは、島崎遥香ちゃんが3日間働いていたこと。2年くらい前にパルちゃん(島崎)から「アルバイトしたいです」ってLINEがきて、びっくりしました。1日目のお客さんの反応は「もしかして?」って感じ。告知すると大変なことになると思って、内緒で働いてもらったんです。でも噂が広まって、海外のお客さんまで来るようになっちゃったので、危ないかもしれないと思って、3日で打ち切ることになりました。パルちゃんはアルバイトは初めてだと言っていたんですけど、ミスは全然ありませんでした。

――AKB時代は恋愛禁止。今はのびのびと恋人とエンジョイしてますか?

内田:全然いません。彼氏募集中です! 私が自分で色々やりたいタイプなので、支えてくれる人がいいですね。デートはユニバーサルスタジオに行きたいな。青春っぽいことをあまりしてこなかったので、ゲームセンターでもいいし、そういうところに一緒に行きたい。

――新しく挑戦したいことはありますか?

内田:アイドルグループをプロデュースしたいと思い始めました。せっかくスタッフや友達に可愛い女の子がいっぱいいるので、その子たちで「IWA48」を作って、歌ったり踊ったりできたらいいな。まずはお店でイベントをしたらおもしろいなって夢見ちゃいます。

【内田眞由美(うちだ・まゆみ)】
1993年12月27日生まれ。東京都出身。2007年、AKB48に5期生として加入。2010年、「第1回じゃんけん大会」で優勝し、19thシングル『チャンスの順番』で初のセンターポジションを務めた。2014年、AKB48在籍中に焼肉店「焼肉 IWA」をオープン。翌年にAKB48を卒業。現在は「焼肉 IWA」オーナー兼タレントとして活躍中。

撮影/浅野剛 取材・文/小山内麗香

関連記事(外部サイト)

×