2022年前期朝ドラ、ヒロインは黒島結菜が有力視 物語の舞台・沖縄出身の実力派

2022年前期朝ドラ、ヒロインは黒島結菜が有力視 物語の舞台・沖縄出身の実力派

来年の朝ドラヒロイン情報で話題の黒島結菜

 2022年度前期のNHK「朝の連続テレビ小説」のキャスティングが早くも話題だ。現在放送中で杉咲花(23才)主演の『おちょやん』、5月17日から放送予定で清原果耶(19才)がヒロインを務める『おかえりモネ』、そして2021年度後期の『カムカムエヴリバディ』は上白石萌音(23才)・深津絵里(48才)・川栄李奈(26才)という3人のヒロインで放送することが発表されている。それに続く2022年度前期について「週刊文春」(2月25日号)が、上白石萌音の妹である“上白石萌歌(20才)が重要な役どころでの出演が決まった”と報じた。だが、内定者は彼女だけじゃないという。

「川口春奈(26才)さん、仲間由紀恵(41才)さんも上白石萌歌さんと共に主要キャストとして出演すると見られています。2022年は1972年の米国からの沖縄返還から50周年。その沖縄返還が軸になるシナリオなんです」(芸能事務所幹部)

では、ヒロインは沖縄出身の仲間なのか?

「いえ、確定情報ではありませんがヒロインの最有力候補は、黒島結菜さん(23才)だと言われています」(同前)

 黒島は沖縄県糸満市出身だが、出身地だけが根拠ではないようだ。

「最近のNHKは、より“貢献度”を重要視するように見受けられます。これまでもNHKの番組によく出ている人が、紅白歌合戦や大河ドラマ、朝ドラで重用される傾向がありましたが、その傾向が年々、強くなっているんです」(民放キー局関係者)

 仲間は大河ドラマ『功名が辻』(2006年)の主演を始めNHK作品に数多く出演しており、紅白歌合戦での司会は通算4回を誇る。川口は、昨年までは2016年放送の『受験のシンデレラ』に出演したのみだったが、『麒麟がくる』(2020年)で、沢尻エリカ(34才)の代役を見事に務めた。このポイントは大きい。

「織田信長の正室・帰蝶を演じる予定だった沢尻さんの緊急降板で、急遽代役を務めた川口さんにNHKは救われました。この時、数人の女優に断られていたなか、川口さんは時代劇未経験なのに見事に演じきった。NHKはこうした貢献に確実に“恩返し”をすると考えられます。川口さんが2022年前期の朝ドラで重要な役を演じるという声は多い」(前出・民放キー局関係者)

 一方、ヒロインの最有力候補に挙げられる黒島は、“NHKの申し子”と評されている。

「NHKのホームページには『人物録』という、俳優さんたちの過去のNHK番組への出演歴が記録されているコンテンツがあります。黒島さんは2012年デビューですが、かなりの出演歴があることがわかります」(前出・芸能事務所幹部)

 確かに黒島とNHKの関係は深い。2012年に本格的に芸能活動を始めると、早速4月にはNHKEテレの『テストの花道』に出演。2014年のドラマ『孫のナマエ〜鴎外パッパの命名騒動7日間〜』をはじめ、連続テレビ小説『マッサン』『スカーレット』、大河ドラマ『花燃ゆ』『いだてん〜東京オリムピック噺〜』、土曜ドラマ『夏目漱石の妻』『アシガール』など、その芸歴から見ても、高頻度でNHK作品に出演してきたことがわかる。

「2015年にはNHK広島放送局制作の『一番電車が走った』では阿部寛さんとともに主演を務め、高い評価を得ています。NHKへの貢献度に加えて、若手俳優のなかでも確かな演技力もあるからこそ、ヒロイン候補にその名があがっているのでしょう」(同前)

 具体的な情報として“仲間が母親で、川口、黒島、上白石が3姉妹を演じる”という話も関係者の間では出回っているという。

 NHKにキャスティングについて聞いたが、「個別の出演者についてはお答えしておりません」(広報局)とのことだった。

 豪華メンバーが揃うことになりそうな2022年の春が、いまから楽しみだ。

関連記事(外部サイト)

×