タイムスリップ時代劇 なぜか主人公に高校生多い、カギは「教科書」

タイムスリップ時代劇 なぜか主人公に高校生多い、カギは「教科書」

注目の映画『ブレイブ-群青戦記-』(公式HPより)

 注目の映画『ブレイブ-群青戦記-』など、タイプスリップするドラマ・映画は今も昔も多い。特徴的なのはタイプスリップする人に高校生が多いということだ。それには理由があった。コラムニストで時代劇研究家のペリー荻野さんが解説する。

 * * *
 タイムスリップ天国ニッポン。というわけで、今シーズンもドラマ『江戸モアゼル』では江戸時代の花魁(岡田結実)が元気よくタイムスリップしてきているが、12日には映画『ブレイブ-群青戦記-』が公開となる。

 この映画は、スポーツ強豪校の高校生たちが、桶狭間の戦直前の戦国時代にタイムスリップ。人質になった仲間を救うため、アスリートである自分たちの特技を活かし、織田信長(松山ケンイチ)の砦に攻め入るというもの。弓道部の主人公・西野蒼(新田真剣佑)は弓を放ち、アメフト部は猛烈突進、空手部やボクシング部は大暴れ、野球部は火球をかっ飛ばす。「その道を進め」と武将らしさを見せる松平元康(のちの家康・三浦春馬)の存在感も光っている。

 それにしても、日本では高校生がよくタイムスリップするのである。古くは1977年、NHK少年ドラマシリーズの『幕末未来人』。
 
 戦艦を見学にいったふたりの高校生が幕末にスリップし、沖田総司や桂小五郎など幕末の有名人に出会う。原案は人気SF作家・眉村卓だ。

 同様に幕末に行ったのは、1994年のドラマ『幕末高校生』の面々。新選組に追われて逃げ回る引率の先生(細川ふみえ)のスーツに肩パットがガッチリ入っていたり、男子生徒が武田真治と山本太郎だったりして、懐かしさがいっぱいだ。

 ドラマからちょうど二十年後、2014年には、石原さとみが先生役で映画化もされている。ミーハーな先生は勝海舟(玉木宏)に「勝海舟さんですよね、きゃーっ、江戸無血開城!!」と、大喜びだが、勝本人は「えっ、オレ?ととぼけた様子。同行する恵理(川口春奈)、雅也(柄本時生)、慎太郎(千葉雄大)の高3トリオの顔ぶれも初々しい。

 そして高校生タイムスリップといえば、『信長協奏曲』と『アシガール』も忘れちゃいけない。

『信長協奏曲』は、戦国時代にタイムスリップしたお調子者の高校生(小栗旬・ちなみに当時31歳)が自分にうり二つの信長に「自分と入れ替わってほしい」と頼まれ、家臣たちとチャラチャラとしながらも天下統一しちゃいそうになるという物語。「月9」ドラマに続き劇場版では、池田恒興(向井理)ら家臣たちと「戦のない平和な世」を目指すサブローに「本能寺の変」が迫る。

 また、『アシガール』の女子高生の速川唯(黒島結菜)は、発明マニアの弟が作ったタイムマシンをうっかり稼働させ、戦国時代に。地元の羽木家の若君・忠清(伊藤健太郎)に一目ぼれした彼女は、「足軽の唯之助」と男のふりをして忠清を追いかける。

 なぜ、高校生ばかりタイムスリップするのか。最大の理由は、「日本史の教科書を持ち歩いているから」である。

『幕末未来人』のふたりは歴史年表で幕末の出来事を言い当てたため、佐幕派からも討幕派からも狙われ、『幕末高校生』のドラマでは「幕末ガイドブック」を見た佐久間象山(石橋蓮司)が「幕府は滅びるのか」とびっくり。『信長協奏曲』ののんきなサブローも日本史の教科書で信長の運命を知る…。現代のテキストが過去に持ち込まれ、登場人物たちが手に取って読めるというのが、ミソなのだ。『ブレイブ』でも、「日本史B」の教科書を手にして、目を光らせる武将がいる!? 禁断のテキストは、タイムスリップ物語のもっとも重要なカギなのである。

関連記事(外部サイト)

×