KEIKO、福原愛… ラブラブだった有名人夫婦の「幸せの後先」

KEIKO、福原愛… ラブラブだった有名人夫婦の「幸せの後先」

結婚時のウキウキは…

 globeのメンバーとして公私ともにともにしていた小室哲哉(62才)とKEIKO(48才)が離婚をした。結婚当初はあんなに仲が良かったのに……と思う人も少なくないのでは? 構成作家でコラムニストの山田美保子氏が“ラブラブ夫婦の幸せの後先”を分析する。

 * * *

誰のせいでKEIKOさんが病気になったと思っているのか

 小室哲哉サンとKEIKOさんの離婚がやっと成立しましたね。2018年1月、小室サンが自身に投下された“不倫砲”について、ダラダラと(失礼!)釈明し、言うに事欠いて(また失礼!)引退まで発表したとき、あぁ、この夫婦はもう終わりなのだなと思ってしまいました。

 離婚は成立されたし、『女性セブン』のインタビューに対し、KEIKOさんがとても前向きに応じてくださいましたし、もはや“余計なお世話”ではありますが、書かずにはいられません。このおふたり、テレビ中継もされた結婚披露宴のときから、業界では大丈夫?の声が上がっていたんですよね。

 クリスチャン・ディオールの豪華なウエディングドレスに身を包んで満面の笑みを浮かべていらしたKEIKOさんに対し、小室サンは、性格なのか、男性だからなのか、どこか冷めているように見えたものです。

 さらに、当時、小室サンは吉本興業に所属されていたことから、披露宴には吉本の芸人さんが多数出席……いや、ご出演。その多くが、「おふたりには今日、初めて会うんですが」と前置きをしたうえで、おめコメを贈っていらしたのです。

 ダウンタウンの浜田雅功サン(57才)のように“小室ファミリー”も擁した吉本ですが、それ以外のかたはほぼ無関係。カメラがテーブルに回ってくると、ここぞとばかりに、持ちネタを披露されたのでした。つまり、見ようによっては、吉本新喜劇の舞台で“結婚披露宴”というお題のコントが繰り広げられていたようで。小室サンはともかく、KEIKOさんがとても気の毒になったのを覚えています。

 さらに、この披露宴。時代を鮮やかに彩った小室ファミリーのCDセールスが、やや下火になりかけていたタイミングで行われました。

 それでも、KEIKOさんにとっては、これまで自分以外の“歌姫”たちをプロデュースしては恋愛関係や婚姻関係に陥る小室哲哉サンをやっと独占できた瞬間でもありました。KEIKOさんがウキウキしながら小室サンとのラブラブぶりをカメラの前で披露されたお気持ち、よ〜く、わかります。

 そんなご夫妻について、近年、さまざまな話が耳に入っていた私。特にKEIKOさんの“お身内”からは、彼女が病に倒れた原因が少なからず小室サンにあるのではないかという声も上がっていました。

 知人の医師からは、女性のくも膜下出血は、ストレスが原因になることが多いのだという話も聞きました。2008年、小室サンが詐欺で逮捕されたとき、KEIKOさんは関係者に対し、夫の今後について、土下座してまで頼みこんだ……といった報道もありましたから、KEIKOさんの心労は、どれほどのものだったでしょうか。

「誰のせいで病気になったのか」と私がKEIKOさんの身内だったとしたら、同じことを言ったと思います。

 KEIKOさんの闘病当初、小室サンはKEIKOさんが少しずつ回復されるのをとても喜び、SNSに、その様子をアップなさっていたものです。が、そうしたことに対しても「KEIKOさんを商売に使っている」との声が聞こえていました。

 そして、不倫釈明会見での「小4ドリル」と、遠回しの「介護疲れ」発言です。確かに小学生の漢字ドリルはリハビリに使うことが多いそうですけれど、それをKEIKOさんが楽しそうにやっていたのは昔の話。「介護疲れするほど小室サンはKEIKOさんの介護をしていない」という声も聞こえてきたものでした。

 何より、会見時、すでに全快に近かったKEIKOさんは不倫報道についても、ちゃんと理解されていらした。その後のことは『女性セブン』のインタビューにつながりますよね。小室さんは自身の不倫報道を散らすために、KEIKOさんの病気を利用し、引退宣言もしたのです。この話になると、KEIKOさんご本人以上に止まらない私ですが、吉本新喜劇の池乃めだかサン(77才)に倣い、今日は、これぐらいに、しといたるわ!……です。

有名人夫婦は結婚披露宴が最大のゴールになる危険性をはらむ

 さて、結婚披露宴で、こちらが恥ずかしくなるほど浮かれていた女性といえば、河野景子サン(56才)のことも忘れるわけにはいきません。こちらもテレビ中継があったうえ、“古巣”のフジテレビは、会場となるホテルでの打ち合わせ風景からカメラを回していたため、ウキウキは延々(!)伝わってきたものでした。

 あの頃、マスコミの興味は、景子サンが妊娠しているか否か一点に集中していました。とはいえ、古巣のカメラは決して、お腹を狙わなかった。景子サンも、なんとか視聴者の目線を違うところにもっていきたかったということなのでしょうか。もともとサービス精神旺盛な彼女が、いつもより余計にサービスコメントを連発していたのです。

 たとえば、披露宴のお料理の一皿にハートのモチーフの食材を置くことになったくだり。それを手で摘み、カメラに向けて「ハートとハートが重なって」と言い放った景子サン。この人は本当にすごいと思ったものです。

 もう1つ、印象的だったのは、当時ワイドショーのMCを担当していた先輩アナウンサーのこちらのエピソード。幸せの絶頂にあるご夫妻の写真を撮ろうと、“高砂”まで歩み寄り、目線をもらおうと「河野! 河野!」と声をかけた先輩に対して、「やだ〜、T子さ〜ん(先輩のお名前)。私、もう花田です〜〜〜」と言ったのだとか(笑い)。このエピソードを微笑ましいととるか、ディスりととるかは視聴者しだいだったのですが、私は後者でした(苦笑)。

 ほかにも、芸能界では、結婚会見や結婚披露宴の中継時に浮かれすぎたゆえか離婚してしまったカップルは少なくないのですが、気になるのは、福原愛チャン(32才)についての報道です。

 この件で、もっとも先行しているのが『女性セブン』であるのは間違いなく、中華街デートの前週、「ポエム別居」との見出しがついた記事を受け、愛チャン夫婦の“心配”を報じた某地方局のニュースの視聴率の毎分グラフは、尋常ではない上がり方をしたと聞きました。視聴者の皆さんは“娘”を心配なさったのでしょうね。

 愛チャンの場合、日本と台湾の双方で会見をしたり、度が過ぎるラブラブな新婚生活をSNSやテレビ番組、CMなどで披露していたときから私は心配していたものです。

 結婚そのものやお式、著名人の場合は会見も含めて、“披露”することが最大のゴールになってしまうかのような夫婦には、その後の生活の“リアル”とのギャップに「ん?」と思ってしまうケースが多いのかもしれません。

 近年、“ナシ婚”も少なくない一般のかたに、このような心配はないと思いますが、著名人の皆さんには、過度なウキウキ禁止令をお出ししますね。どうか、お気をつけください。

構成/山田美保子
『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)などを手がける放送作家。コメンテーターとして『ドデスカ!』(メ〜テレ)、『アップ!』(同)、『バイキングMORE』(フジテレビ系)、『サンデージャポン』(TBS系)に出演中。CM各賞の審査員も務める。

※女性セブン2021年3月25日号

関連記事(外部サイト)

×