木村拓哉がドラマ「HERO」の名シーン場所を訪れたワケ

木村拓哉、『HERO』オープニングに登場する辰巳の森緑道公園を再訪

記事まとめ

  • 木村拓哉は4月期連ドラ『未来への10カウント』で高校ボクシング部コーチ役を演じる
  • 脚本は福田靖氏で、検察官を演じた『HERO』シリーズ以来およそ7年ぶりのタッグに
  • 木村は、『HERO』名シーンの現場である辰巳の森緑道公園を再訪していた

木村拓哉がドラマ「HERO」の名シーン場所を訪れたワケ

木村拓哉がドラマ「HERO」の名シーン場所を訪れたワケ

画像はイメージです

木村拓哉が4月期の主演連ドラ「未来への10カウント」(仮・テレビ朝日系)で、高校ボクシング部のコーチ役を演じる。木村といえば、ピアニストや美容師、パイロットやフレンチシェフなど、これまでに演じた10を超える職業への志願者が増える相乗効果も生んできた。今作では、ボクシング業界に大きな影響を与えそうだ。脚本は福田靖氏。検察官を演じた「HERO」(フジテレビ系)シリーズ以来、およそ7年ぶりのタッグ結成だ。

 「HERO」といえば、平成の怪物ドラマ。01年にスタートした1stシーズンは、全11話のすべてが平均視聴率30%超え。月9枠、フジのドラマ歴代最高となる平均視聴率34.3%を記録している。

 作中で木村が着用したキャラメル色のレザージャケットは、私服だった。カジュアルブランド・A BATHING APEの「LEATHER CLASSIC DOWN JACKET」であることが分かると、購入者が殺到。おととし12月に妻でタレントの工藤静香、昨年1月に次女でモデルのKoki,がインスタグラムで着用しており、懐かしむファンが多かった。

 昨年は連ドラ初回からちょうど20年。木村は名シーンの現場を再訪していた。

 「東京・江東区にある辰巳の森緑道公園です。オープニングのタイトルバックで、キャストが並ぶ有名シーンが撮られた場所です。放映時は、ファンが聖地巡礼で連日多く押し寄せていました。沢村一樹さん主演の『絶対零度』(フジ系)、米倉涼子さんの『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)でも撮影され、ドラママニアの間では有名スポットです」(テレビ誌のフリーライター)

 木村が再訪した理由は、無料動画配信サービスのGYAO!で配信中の「木村さ〜〜ん!」の撮影。昨年8月上旬に公開された回で、木村は「SMAP×SMAP」(フジ系)以来およそ5年ぶりにコントに挑戦している。ショートコント「お財布」の撮影場所が偶然、辰巳の森緑道公園だったのだ。

 「そのことはメイキングで、共演者の木村祐一さんに明かしています。周囲を見渡し、懐かしそうでした」(前出・フリーライター)

 期待が高まる4月の最新作。“未来への”名シーンが産出されるか。

(伊藤由華)

関連記事(外部サイト)