三田佳子の飼い猫救出のため「119」 高層マンションでの窓開けに非難集中「記念写真撮ってる場合か」

三田佳子、高層マンションの窓外に逃げた猫救出のため消防隊員が駆けつける騒動

記事まとめ

  • 三田佳子が、マンションの窓外に逃げてしまった飼い猫の救出騒動をブログで明かした
  • 三田が窓を開けたところ愛猫が出てしまい、家政婦が119番通報したという
  • 「高層階で飼うなら窓を不用意に開けっ放しにしないで欲しい」と厳しい声があがった

三田佳子の飼い猫救出のため「119」 高層マンションでの窓開けに非難集中「記念写真撮ってる場合か」

三田佳子の飼い猫救出のため「119」 高層マンションでの窓開けに非難集中「記念写真撮ってる場合か」

三田佳子

 女優の三田佳子が8日に自身のブログを更新。自宅のある高層マンションの窓外に逃げてしまった飼いを救おうとし、消防隊員が駆け付ける騒ぎになったことを明かしている。
 
 自宅で空気の入れ替えをしていたという三田は「ほんの一時開けていた窓の隙間からいつの間にか出てしまったのね。これしか開かない窓なのに」と投稿し、わずか数十センチ程度だけ開いた窓の写真を公開。続けて「窓の外は傾斜した幅40センチ程の庇があるだけ」「餌で釣ろうとしても、声をかけても、どんどん扉から離れてしまって・・・どうしましょう」と投稿し、窓外にいる愛猫の“蛍ちゃん”の写真を掲載した。
 
 その後、動物好きの家政婦が119番通報をしたといい、駆け付けた臨港署の消防隊員が救助している写真を投稿。「胃がキリキリします。そして、30分程後、自力で戻ってくれました」「すみません・・・・お騒がせしてしまって」と記し、無事に救助された蛍ちゃんの写真を載せている。投稿された写真を見ると、三田は地上数十階はある相当な高層階に住んでいるようだ。
 
 この三田の投稿を受けて、ネットには「ひとまず無事でよかったです」「職員さんたちの、温和な表情が実にいいですね!!」「超高層マンションだから猫ちゃんも興味をもったのかもしれないですね」といったコメントが寄せられている。
 
 その一方で「高層階で飼うなら窓を不用意に開けっ放しにしないで欲しい」「猫を飼うなら命と健康を守るための緊張感と知恵を持って生活してほしいです」「呑気に記念写真など取っている場合ではないだろう。他の住人の迷惑は考えないのか」といった批判的な声も見られる。中には「ペットの救出で救急車を呼ぶなよ」といった声もあるが、ペットは法的には財産に当たるため、消防法第1章第1条の目的にある「財産の保護」に照らし合わせると、消防隊員を呼んだ行為は間違いではないようだ。
 
 一歩間違えれば大惨事になっていた今回の騒動。三田は救助した隊員と撮影した写真もブログに載せているが、もう少し緊張感を持った方がいいのかもしれない。

記事内の引用について
三田佳子の公式ブログより https://ameblo.jp/445baaba/

関連記事(外部サイト)