徐々に“得意分野”のソロ活動にシフトしそうな関ジャニ∞のメンバーたち

徐々に“得意分野”のソロ活動にシフトしそうな関ジャニ∞のメンバーたち

画像はイメージです

 人気グループ「関ジャニ∞」の丸山隆平が、5月31日に東京・Bunkamuraシアターコクーンで初日を迎える舞台「パラダイス」に主演することを、各スポーツ紙が報じている。
 各紙によると、約2年ぶりとなる主演舞台は、劇作家や映画監督としても活躍する俳優・赤堀雅秋氏の最新作。

 丸山は、「ファンだった」という赤堀氏との初タッグに加え、「いつか立ちたかった」というシアターコクーンで上演するとあって、「うれしいことが同時にきました」と喜んでいるという。

 作品は、五輪開催を目前に控えた東京が舞台。救いようのない詐欺グループの男たちの物語で、丸山は高齢者を狙うグループのリーダー役。普段は、明るく親しみやすいキャラクターとして知られる丸山。ダークな役柄を演じるだけに、演技力が求められそうだ。村上虹郎、八嶋智人、坂井真紀、西岡徳馬ら、各年代の演技派が脇を固める。

 「丸山は今後、ソロ活動の中心を舞台に据える方向性なのでは。それだけに、事務所としても赤堀氏や共演者ら、名だたる舞台人を集めた。それだけに、丸山の演技がダメだった場合は目立ってしまいそうだ」(演劇関係者)

 関ジャニといえば、昨年、人気メンバーの1人だった錦戸亮が9月いっぱいでグループを脱退し事務所を退所。それでも11月からは、07年以来2回目となる47都道府県ツアーを敢行。36日で47公演という驚異のスケジュールで、1日2公演こなすこともあった。

 「錦戸の前には歌唱力がグループナンバーワンだった渋谷すばるが事務所を脱退し退所。どうやら、残された5人は音楽グループとしてすでに“伸びしろ”がないことを悟っている。そこで、今後は年に1回の大きなツアーぐらいにして、ソロ活動に力を入れることになりそうだ。村上信五は司会業、大倉忠義と横山裕は関西ジャニーズJr.のプロデュース業、そして、丸山と安田章大は俳優業に力を入れるだろう」(テレビ局関係者)

 さすがに、これ以上の“離脱者”は出ないはずだが…。

関連記事(外部サイト)