欅坂46平手友梨奈の脱退、年末に予兆があった? 今後“坂道シリーズ”のパワーバランスが大きく変化か

欅坂46平手友梨奈の脱退、年末に予兆があった? 今後“坂道シリーズ”のパワーバランスが大きく変化か

平手友梨奈

 アイドルグループ・欅坂46の平手友梨奈が23日、グループを脱退することを、同グループの公式サイトで発表した。

 その後、平手はTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」内のレギュラー企画に出演。コーナーは事前収録していたもので、「先ほど欅坂46のホームページで発表がありましたが、私、平手友梨奈は欅坂46を離れることになりました」と報告。

 脱退の経緯などの詳細については、「今は話したいと思わないので、いつか自分が話したいと思った時に機会があれば、お話しさせていただこうかなと思っております」と語った。

 また同日には、メンバーの織田奈那、鈴本美愉の卒業と、佐藤詩織の活動休止も同時に発表。グループにとって激動の1日となった。

 「絶対エースだった平手の脱退により、グループは大幅な戦力ダウン。平手の脱退による人気ダウンは避けられないだろうし、しばらく、ファンたちは“平手ロス”の状態に陥りそうだ」(音楽業界関係者)

 坂道シリーズでは、先頃、乃木坂46のエース・白石麻衣が年内にグループから卒業することが発表されたばかりだったが、白石、平手の相次ぐ発表を予期させる動きがあったというのだ。

 「昨年の『日本レコード大賞』の大賞候補には、秋元康氏がプロデュースするAKB48、乃木坂、欅坂、そして昨年CDデビューした日向坂46が選ばれた。その中で秋元氏が猛プッシュしていたのが日向坂。結局、大賞には選ばれなかったが、すでに乃木坂、欅坂の今後の人気ダウンを見越して、日向坂を坂道のトップに据えるべく着々と準備を進めていたようだ。今後、日向坂の露出が突出して増えていくことになるだろう」(芸能記者)

 これまで乃木坂と欅坂がこなしていた仕事が、日向坂が取って代わることになりそうだ。 

関連記事(外部サイト)