『ドクターX』は俳優にとって“ボーナス”? 出演者がシリーズ存続を切望するワケ

『ドクターX』は俳優にとって“ボーナス”? 出演者がシリーズ存続を切望するワケ

米倉涼子

 女優の米倉涼子がデビューから27年にわたって所属した「オスカープロモーション」を3月31日付で退社し、退社することを発表した。

 事務所、米倉ともに円満退社を強調したが、看板女優の米倉だけに、よほどの理由があったはずだ。
 「退社の理由として浮上しているのが、交際するアルゼンチン人ダンサーとの再婚問題。そして、今後の仕事の方向性について激しく意見が対立したのでは、と言われている」(テレビ局関係者)

 米倉退社の責任をとってか、オスカープロは石川薫副社長が4月1日付で社長に就任し、創業者の古賀誠一社長は代表取締役会長に就くことを一部スポーツ紙が報じたのだ。
 「古賀氏といえば、米倉が主演するテレビ朝日系の人気ドラマシリーズ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』の『企画協力』としてクレジットに名を連ねているが、米倉がオスカーを退社したことで、シリーズの存続自体が危ぶまれている」(同)

 「ドクターX」は19年10月期の第6シリーズまで放送され、いずれのシリーズも高視聴率を記録。主演の米倉のみならず、脇役も西田敏行、遠藤憲一、内田有紀、岸部一徳ら豪華キャストたちが固めているが、どうやら共演者たちはシリーズの継続を切望しているというのだ。
 「米倉のギャラは1本500万円以上と言われるように、今や『相棒』と並ぶテレ朝の看板ドラマシリーズだけに制作費は破格。そのため、共演者たちのギャラも他局やほかのドラマに比べると驚くほど高額。中には『ドクターXは“ボーナス”みたいなもの』と公言する出演者もいたという。それだけに、共演者たちはもっと短いスパンでの新シリーズ制作を切望しているが、米倉の目は海外に向いているようで、オファーしても『いたしません!』となかなかクビをタテに振らないようだ」(芸能記者)

 映画化の話も浮上する「ドクターX」だけに、継続してほしいものだ。

関連記事(外部サイト)