返事できない欅坂メンバーを叱ったパン職人に称賛も、暴走したファンがパン屋のレビュー荒らし?

返事できない欅坂メンバーを叱ったパン職人に称賛も、暴走したファンがパン屋のレビュー荒らし?

欅坂46・渡辺梨加

 19日深夜に放送された、欅坂46の冠番組『欅って、書けない?』(テレビ東京系)での一幕がある騒動を呼んでいる。
 問題となっているのは、この日放送された、メンバーの渡辺梨加と長沢菜々香が挑戦した「渡辺梨加パン屋修業の道」という企画。渡辺の「パン屋さんになりたいから修業がしたい」という希望を叶える形で実現したこの企画で、山梨県にあるパン屋に二人は修行に。オーナーのパン職人はあらかじめ、「アイドルだからと言って甘えない」「パン職人としての自覚を持つ」「大きな声で返事をする」と約束事を提示したが、その時点で二人は大きい声で返事をできず、何回かやり直しとなっていた。

 その後も二人はごく小さな声で返事をするか、頷くだけの場面もしばしば。次第にアドバイスを受けても返事をせず、とうとう職人から「返事は!? なんでさっきから返事しないんだよ」「返事は社会生活の基本だろ」と叱られたものの、その後も態度は改善せず。ナレーションで「普段怒られ慣れていない二人は怒られたことによってさらに委縮」と紹介されたように、ますます返事ができなくなり、いったんは職人から見放される事態に。その後謝罪して態度を改め、待機時間に自ら洗い物や掃除を申し出るなどして、最後まで無事やり遂げることができた。

 実はこの職人、これまでも数回メディアに出演しており、厳しいことでも知られていたこともあり、視聴者からは「言ってることが正論すぎる」「自分で志願してロケに来たのに返事もしない、やる気も感じられないじゃ怒るのも無理ない」「他のタレントの時はもっと厳しかった。遠慮したのでは?」と職人に同情する意見などもあったものの、一部欅坂ファンが暴走。レビューサイト上で、「彼女たちのことを何も知らないあなたがそこまで怒っていいものなんでしょうか」「変なよくわからんジジィがしゃしゃんな」などといったバッシングとともに低評価を付ける行為が見られた。

 良識あるファンがこの一部暴走ファンを注意したり、レビューで逆に高評価をつけることで大きな問題にまでは発展していないが、ネットからはパン職人への同情と、一部暴走ファンへのドン引きの声が多く聞かれていた。

関連記事(外部サイト)