日テレにジャニーズオタクを苦しめた番組が存在した

日テレにジャニーズオタクを苦しめた番組が存在した

画像はイメージです

 ジャニーズオタクが最もチェックしているテレビ局といえば、日本テレビだ。下は今年デビューしたばかりのSixTONESから、上はキャリア34年の超ベテラン・城島茂がいるTOKIOまで、幅広い面々が準レギュラー・レギュラー番組を抱えている。

 現在も、ド早朝は情報番組「ZIP!」で風間俊介が月曜メインパーソナリティーを務めており、昼帯の「ヒルナンデス!」火曜日ではHey! Say! JUMP・有岡大貴と八乙女光、木曜日は関ジャニ∞・横山裕とジャニーズWEST・中間淳太、桐山照史がスタジオコーナー・企画を担当。夜帯は、報道番組「news zero」の月曜キャスターを嵐・櫻井翔、日曜日のスポーツ番組「Going!Sports&News」でKAT-TUN・亀梨和也がベースボールスペシャルサポーターを担当している。さらに、月曜深夜(0時59分〜)のドラマ枠「シンドラ」は、ジャニーズタレントの主演作だ。

 ジャニオタにとっては、早朝から深夜までゴールデンプログラムが目白押し。ウィンウィンの関係だが、そんな中16年に“事件”が起こった。夕方のニュース・報道帯番組「news every.」にレギュラー出演していた女性フリーアナウンサーA子さんが、嵐・二宮和也と真剣交際していることが明るみに出たのだ。
 「出会いは12年。『24時間テレビ』のメインパーソナリティーを務める嵐を代表して、ニノが単身で『news every.』のスタジオゲストにやってきたときです。2年後、主演連ドラ『弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜』のプロモーションで再びスタジオを訪れると、同じくA子さんが聞き手を務めました。その後はA子さんが『VS嵐』(フジテレビ系)に出演して、急接近。週刊誌によって16年、交際が明らかになると、翌17年にA子さんは『news every.』を降板しました」(アイドル雑誌の編集者)

 A子さんはSNSをやっていたころ、嵐の“ニオわせファン”を何度もアピール。それが嵐ファンの逆鱗に触れて、敵になった。のちに所属していた芸能事務所を退所して、表舞台から姿を消した。そして昨年11月9日、嵐が「天皇陛下の御即位をお祝いする国民祭典」で奉祝曲「Ray of Water」を歌唱、翌10日からジャカルタ、シンガポール、バンコク、台北のアジア4都市を回った後の12日、二宮は衝撃婚を電撃発表した。
 「そもそも『news every.』は問題案件です。18年に、キャスターを8年間も務めてきたNEWS・小山慶一郎さんが“卒業”したからです。その年の6月、未成年女性と飲酒したことが週刊誌で報じられ、ネットで音声が拡散。騒動を重く見た日テレは当面の自粛を言い渡しましたが、結局、復帰しないまま卒業、いわゆるクビになりました」(先の編集者)

 タレント生命の危機がささやかれた小山だったが、明治大学文学部史学地理学科東洋史専攻を卒業したバックボーンは強く、今春からはTOKYO MXのオトナのワイドショー「バラいろダンディ」の木曜コメンテーターとして始動。日テレで培った才能を発揮している。
 二宮、小山を襲った不意打ちの日テレパンチ。ファンにとっては大きなダメージだっただろう。
(伊藤由華)

関連記事(外部サイト)