不在期間に悪評が浮上したテレ朝・富川アナ、原因はプロデューサーにも?

不在期間に悪評が浮上したテレ朝・富川アナ、原因はプロデューサーにも?

画像はイメージです

 テレビ朝日系「報道ステーション」のメインキャスターで、新型コロナウイルスに感染し自宅療養中の富川悠太アナウンサーだが、いまだに復帰話が浮上していない。

 富川アナは体調不良から4月10日に都内の病院に入院。CT検査で肺炎の症状が見られ、同11日にPCR検査を受けて陽性が確認された。同21日に退院し、現在は自宅で療養を続けている。

 富川アナとコンビを組む、フリーの徳永有美アナウンサーも一時自宅待機になったが、同27日に復帰。富川アナが不在となってからは、金曜日のMCを担当する同局の小木逸平アナウンサーと、フィールドリポーターを務める森葉子アナウンサー、板倉朋希アナウンサーが代役を務めて乗り切っている。
 「富川アナの症状が悪化したのは、体調不良を訴えているにもかかわらず、プロデューサーが出演させてしまったから。体調不良を訴えた時点で対策を講じていれば、もっと早く復帰できていたかもしれない」(テレビ局関係者)

 富川アナが不在となってから、代役の面々の評価が高く、おまけに平均視聴率も落とすことなく15〜18%で推移。そんな中、ニュースサイト「文春オンライン」(文藝春秋)で富川アナ夫妻の子供たちに対する“虐待疑惑”が報じられた。

 発売中の「フラッシュ」(光文社)によると、視聴率を下げずに頑張っていると、小木アナの評価はうなぎ上り。原稿読みや進行も安定していて、穏やかな人柄は、報道番組の顔として申し分ないという。

 富川アナは制作会社のスタッフに対して高圧的なところがあったが、小木アナは腰が低くスタッフ受けも抜群だという。

 また、富川アナは恐妻家で、子供の教育には、あまり口出しできなかったというから、家にいてもストレスが溜まるだけのようだ。

 「本来ならば、緊急事態宣言解除後の復帰と見られていたが、このままキャスターを交代させる可能性が日に日に高まっているようだ」(テレ朝関係者)
 テレ朝幹部のジャッジが注目される。

関連記事(外部サイト)