手越祐也の会見、「自分勝手で世間知らず」「自由で羨ましい」意見が二分したワケ

手越祐也の会見、「自分勝手で世間知らず」「自由で羨ましい」意見が二分したワケ

手越祐也

 19日にジャニーズ事務所を退所したNEWSの元メンバー・手越祐也。23日に行った会見では、YouTubeでのライブ配信の視聴者数が一時130万人を超え、ネットでは多くの意見が飛び交った。

 ネットの意見は、「自分勝手で何を言ってるのか分からない」といった否定的なものと、「自由でメンタルが強い、うらやましい」といった肯定的なものとに大きく分かれた印象がある。

 ?>>遠野なぎこ「ご自身の名前をすごい連呼」 手越祐也のポジティブの裏にある心理を鋭く分析<<???

 「自分の口から真実を話したい」として開かれた緊急会見では、退社の理由やNEWSのメンバーや事務所、ファンへの思いのほか、外出自粛期間中の会食についての説明やこれからの活動の展望などが、約2時間にわたって語られた。

 その中で手越は、外出自粛期間中に飲みの席に出かけていたことについて、自分の将来のために必要であるとした上で「僕にとっては不要不急ではなかった」と自己都合を優先するような発言をしたり、同席した女性については「(新型)コロナウイルスをうつされても面倒くさいので、ちゃんと家にいたというのを確認した女性を呼んだ」といった身勝手ともとれる発言もあった。

 また、「事務所とのトラブルは1ミリもない」としながらも、「仕事の運びにスピード感がない」「やりたいことをもっと思い通りにやりたい」といった事務所への不満ともとれる発言も。一部はっきりとしない部分が残った。さらに、「僕は」「手越祐也は」と繰り返し、自分の思いについて語る場面が冗長になってしまった辺りで、聞いている側にわがままな印象を与えてしまったようだ。

 これに対して、「世間知らず」「自分のことしか考えてない」「社会人としてあり得ない」といった否定的意見がネットに寄せられている。これらはいずれも、手越の会見の内容から、自己中心性や非常識的な部分などが見え、不信感を抱いたということだろう。

 このような意見を持つ人は、普段から責任感が強く、社会性が強いタイプに多いとみられる。日頃から「この場合はこうするべきである」「この立場の人間はこうであるべきだ」といった常識やルールを重んじ、少なからず現実主義的で、自分がやりたいことだけでは人生、生きていけないものだと強く確信している場合も多いだろう。

 また、何事も白黒はっきりさせたい人にとっては、冗長で釈然としない内容もあった手越の会見をもどかしく感じ、不満に思えたようだ。

 逆に、肯定的な意見を考察しよう。NEWSのメンバーやジャニーズ事務所との間に「トラブルは一切なかった」「感謝しかない」という手越の説明に、「不満がないわけないのに、感謝の言葉ばかりで、一切他者を非難しない」と人の良さを評価するものや、「不器用で嘘がつけない」というスタイルに対して「手越らしくていい」とする意見もあった。

 また、過去の言い訳をするのではなく未来への展望を語ったことや、終始明るい口調で話す姿に対しては「メンタルが強い」という意見も見られ、「うらやましい」という感情を持つ人も少なくなかったようだ。このように、本来なら萎縮してしまいそうな状況の中で、手越の堂々とした態度や浮世離れした自由奔放さを「うらやましい」と表現した人は、現状に何か抑圧された状態にあるか、または大胆な行動ができない気質である可能性が高いだろう。

 確かに、ストレスの多い現代社会を生き抜くためにメンタルの強さは重要な要素ではあるが、人間として生きていくためには、世間を知る社会性もまた重要な要素でもある。特に、人々の注目を集め、影響力の強い芸能人の行動にはより慎重さが求められることも多い。コロナ禍の緊張感の中での発言はとりわけ人々の反感を買うこととなり、手越の会見の印象が二分されてしまったのだろう。

 いずれにしても、手越は新たな人生のステージに立つことになる。様々な意見から何を学び、どう活かしていくのかがその後の人気にも影響するのではないだろうか。

文:心理カウンセラー 吉田明日香

関連記事(外部サイト)