ナイナイ岡村「ダウンタウンさんのマネして…」50歳を迎え、若手時代を振り返る

ナイナイ岡村「ダウンタウンさんのマネして…」50歳を迎え、若手時代を振り返る

岡村隆史

 7月2日深夜放送の『ナインティナインのオールナイトニッポン』(ニッポン放送系)で、岡村隆史が3日に50歳の誕生日を迎えた思いを語った。

 岡村の感想は一言、「震える」とシンプルなもの。これは、先輩独身芸人の今田耕司が言っていた言葉で、自分も同じ立場になり、やっと気持ちがわかったようだ。この日のオープニングトークでは、元NEWSの手越祐也やとんねるずの石橋貴明らが次々とYouTuberデビューを果たした話から、あらゆるキャラクターやコンテンツがそろっているため、「我々無理ちゃう? YouTube」と話す場面も。

 ?>>ナイナイ矢部、ワイドショーのコメンテーターを断っていた 岡村は「怖いことになるから…」<<???

 さらに、リスナーからの2択質問に答えるコーナーでは、若手時代のトガッていた体験も語った。
 岡村は「トガッていたり、カワイコぶったりいろいろやってみてん。オーバーオール着てあざとい言われて……」と、苦々しい思い出を振り返っていた。これには、矢部も「どっちやねんいうな。かわいい格好しながら生意気言ったりしてな」と、相方の立場からも岡村の“迷走”ぶりを感じていたようだ。

 当時の岡村が憧れていたのはダウンタウンだった。「ダウンタウンさんなんかのマネして、応援してる人に『どけ!』とか言うてみたり、いろいろやってみたけど、そんなことしてもあかんねん。トガッてるもんには何も寄ってきいへんねん」と反省の弁を述べていた。この、トガッている奴はダメというのは、先輩芸人のほんこんの言葉でもあったようだ。

 ナイナイをポストダウンタウンとして売り出そうとするのは会社の方針でもあり、岡村はそれを意識していた部分もあったかもしれない。

 これには、ネット上では「確かに、昔の岡村さんトガッていたわ」「ちゃんと反省できているのは進歩なのでは」といった声が聞かれた。今年50歳となった岡村だが、来年には本格デビュー30周年を迎えるだけに、色々と思うところはあるようだった。

関連記事(外部サイト)