木下優樹菜さんの縦読み不倫疑惑に「硬派な人はやらない」フット後藤が擁護?「硬派とヤンキーは違う」指摘の声

木下優樹菜さんの縦読み不倫疑惑に「硬派な人はやらない」フット後藤が擁護?「硬派とヤンキーは違う」指摘の声

フットボールアワー・後藤輝基

 9日放送の『バイキング』(フジテレビ系)でのフットボールアワー・後藤輝基のある言葉が、視聴者の間で物議を醸している。

 6日に電撃引退した木下優樹菜さんだが、8日公開の文春オンラインの記事によると、「タピオカ騒動」を起こした木下は芸能界復帰をめぐり当時の所属事務所と話し合いを行っていた。しかしタピオカ店側が木下さんへの訴訟に踏み切ったなどの背景から、事務所側は「タピオカ店への謝罪が受け入れられるか、裁判が終わるまでは再開できない」と復帰許可をなかなか出せなかったという。

 ?>>木下優樹菜さんの不倫相手に浮上したのは、以前ネットでも噂になった共演者?<<???

 さらに木下さんの活動自粛期間中に、サッカー日本代表の乾貴士選手との不倫疑惑が浮上したこともネックになっていた。木下さんは当時のインスタグラムに、「たかしあいしてる」と縦読みできるメッセージを投稿。乾選手も2018年8月の投稿で、縦読みで「ゆきなだいすき」と読めるメッセージを送っていたといわれることから、ネットで不倫ではないかと問題になっていた。

 スタジオでも木下さんの縦読み不倫疑惑について、出演者がそれぞれコメント。その中で話を振られた後藤は木下さんのイメージについて「ちょっと硬派というか、まあヤンキーみたいな感じ」と分析。タピオカ店とトラブルを起こした経緯も踏まえながら「(普通は)こういう硬派な人って、これ(縦読み不倫を)やらないと思うんですね。だからそれが僕、意外で」とギャップに驚いていた。さらに木下さんが芸能活動していたときのインスタグラムの影響力が極めて強かったことを挙げつつ「それを考えた上で何でこんなことしたんかな」と戸惑っていた。

 しかし後藤の「硬派」という発言にネットからは「硬派っていうの?それ」「どこが硬派だよ」「硬派を履き違えてる」「硬派とヤンキーは違う」「後藤は藤本の手前言えないから酷い擁護になってんな」などとツッコミが続出している。

 「硬派」という独特な表現で、渦中の木下さんを擁護した後藤に、違和感を覚えた視聴者は多かったようだ。

記事内の引用について
乾貴士選手公式インスタグラムより https://www.instagram.com/takashi.08/?hl=ja

関連記事(外部サイト)