体調の悪い出演者を把握していた? 舞台公演の“反面教師”になった集団感染発生舞台の内容は

体調の悪い出演者を把握していた? 舞台公演の“反面教師”になった集団感染発生舞台の内容は

山本裕典

 キャストやスタッフ、観客にも新型コロナに感染するクラスターが発生した舞台「THE★JINRO-イケメン人狼アイドルは誰だ!!-」がとんでもないことになっている。

 同舞台では、すでに発表されている主演の山本裕典、ナレーターのサッシャ、俳優の榊原徹士、企画プロデュースを担当した映画評論家の有村昆ら、多数のキャスト・スタッフ、さらには観客にも新型コロナウイルスの感染者が続出。

 主催者のライズコミュニケーションは12日、感染者の状況を「出演者16名、スタッフ5名、ご観覧者様9名の、合計30名の方々に、新型コロナウイルスの陽性反応が確認されております」と公表。観覧者に対して、相談窓口を創設したことも告知したのだ。

 ?>>芸能人のコロナ感染報告増で浮上した問題点 事務所によって格差が出てしまう?<<???

 「同舞台で感染が拡大した原因と見られるのが、体調不良の出演者がいることを把握しながら、上演を強行したためと見られている。会場は小規模な劇場のため、楽屋は8畳ほどの大きさしかなく、もともとソーシャルディスタンスの確保は難しい。出演者の多くが同時に滞在すると、たちまち密になってしまう」(演劇業界関係者)

 一部スポーツ紙によると、同舞台は政府のガイドラインに合わせて観客席を減らし、公演以外の時間は窓を開けるなど換気に気を付けていたというが、公演中は密閉状態。おまけに、一部の出演者は、出待ちしたファンに握手やサインなどをしていたとの情報もあるというのだ。

 「来場者がある番組で、公演中の客席の様子を撮った写真を公開していたが、最前列とステージの距離が近すぎ、出演者から飛沫感染した可能性もあるのでは。今後の各舞台公演は、この公演を“反面教師”にして感染予防対策を徹底すれば、再発を防止できそうだ」(芸能記者)

 とはいえ、少なからず今回の件が、各劇場の客足に悪影響を与えることになりそうだ。

関連記事(外部サイト)