「逆にクセになる」の声も “嫌い”と言われながらも強烈なインパクトを残しているCM

「逆にクセになる」の声も “嫌い”と言われながらも強烈なインパクトを残しているCM

田中圭

 俳優の木村拓哉が出演しているマクドナルドのCMがネット上で賛否を集めている。
 「話題となっているのは、7月7日から放送されているマクドナルドの『ちょいマック「ドライブスルーの歌」篇』。車を運転している木村が『ドライブスルーでちょいマック〜。ドライブスルーでちょいマック〜』などと高らかに歌いながらドライブスルーに入っていくというもので、ネットからは『キムタク好きでも嫌いでもなかったけどイラっとする』『あのCM流れるとチャンネル変える』『しつこくて大嫌い』などの否定的な声が寄せられていました。とはいえ、『逆にクセになる』『気づけば歌っちゃう』という好意的な声も。強烈な分、多くの人の心に残るCMとなっているようです」(芸能ライター)

 ?>>斎藤工、木村拓哉からの粋で太っ腹な“差し入れ”に仰天! プレゼントだけじゃない神対応も<<???

 また、他にも賛否を集めたCMがあるという。そのひとつがボートレースのCM。
 「田中圭と武田玲奈が出演しているCMシリーズ『ハートに炎を。BOATisHEART』。新人の天才レーサー・レナと脱サラレーサーのタナカの掛け合いが毎回描かれていますが、今回不評を買っているのは6月29日に公開された『ハートも骨抜き』編です。レナがタナカに『先輩、次のレース抜きますよ?』と宣言し、タナカは『ぬ、抜けるもんなら抜いてみろよ』と抵抗するも、宣言通りレナはあっさりタナカに勝利し、レナはタナカの前で救命胴衣を脱ぎながら『……抜いちゃった』とポツリ。タナカは骨抜きになったように崩れ落ちていますが、ネットからは『「勝つ」とかでもいいじゃん、確信犯だよね』『すごい下ネタ。気持ち悪い』という声が殺到。新CMを楽しみにしているファンがいる一方、下ネタとも受け取れるこのCMに不快感を訴える声が多く寄せられていました」(同)

 また、日清焼そばU.F.O.のCMも様々な声を集めている。
 「突飛な演出が多い日清のCMですが、特に話題になっているのが、現在放送されている日清焼そばU.F.O.のCM。出演しているのは、Vチューバー・輝夜月。楽曲提供はロックバンド・マキシマムザホルモンで、パンクな音楽に合わせ、輝夜月が『あぁ焼きそば食いてえな』『U.F.O.はまじ濃厚』などと絶叫するというものとなっています。若者世代からは『このCMクセになる』『面白すぎる』といった声も集まっていますが、一方では『うるさすぎる』『あの歌聞いてるだけでしんどくなる』という声も。広い世代には受け入れられないようです」(同)

 とはいえ、批判的な声を集めているCMの多くは人々の印象にも残っているようだ。

関連記事(外部サイト)