「飯が食えていれば」吉沢亮、マイペースな芸歴20周年像を語る 新商品CMに満島ひかりと出演

「飯が食えていれば」吉沢亮、マイペースな芸歴20周年像を語る 新商品CMに満島ひかりと出演

(c)「キリン 生茶 ほうじ煎茶」

 「生茶」ブランドから15日より発売される「キリン 生茶 ほうじ煎茶」のCMに満島ひかり、吉沢亮が出演する。新TV-CM『誕生』篇は12日より、『誕生・実感』篇は15日より全国順次放送開始される。

 ?>>全ての画像を見る<<???

 『誕生』篇には、満島、吉沢が新しく誕生した「生茶 ほうじ煎茶」を一足先に試飲し、新たなお茶の誕生に喜ぶ二人の表情が目を引く映像になっている。また、『誕生・実感』篇では、「ほうじ茶で、生?」と疑問を抱く満島、吉沢が、実際に「生茶 ほうじ煎茶」の感動的な味わいを実感し、思わず笑みを浮かべる姿が「生茶 ほうじ煎茶」の味わいを期待させるCMとなっている。

 CMについて吉沢は、「3月にリニューアルされた生茶のCM撮影と一緒に撮ったのですが、本当に子どものころからよく飲んでいた商品の撮影に参加できたということですごく嬉しいなと思いました。満島ひかりさんも実際にお会いしてお芝居するということではなかったのですが、前に舞台で共演させていただいたりもしていて。すごく尊敬する役者さんでもあったので、また満島さんとご一緒させていただいたのもすごく嬉しかったなと思います」と喜びを語った。
 「キリン 生茶 ほうじ煎茶」を飲んだ感想については、「おいしいですね。かろやかだし、上品な爽やかさと、ちょっとあまみもある気がするし、生茶のほうじ茶ってどんな味なんだろう?って思っていたんですけど、すごくおいしいですね」と語り、その味わいを期待させた。

 今年で20周年を迎える生茶。自身が俳優生活20周年を迎えるころにはどのようになっていたいか、という質問には、「20周年、35歳。なかなか想像つかないですけど。僕はあんまり将来のことを考えないタイプなので、具体的にこういう大人になりたいとか、こういう役者になりたいとかはないのですが、とにかくまだ芝居を続けられて、飯が食えていれば。プライベートものんびりする時間があって、みたいな。わりとゆったりする時間があればという感じですかね。いまの僕から見た35歳の代の役者さんたちは、すごく素敵な方が多いので、その方たちと同じ年齢になったときに自分がちゃんとした役者になれていればいいなというぼんやりとした思いはあります」と将来のビジョンを答えている。

 新CMも新しい「生茶 ほうじ煎茶」の味にも期待したい。

「キリン 生茶 ほうじ煎茶『誕生』篇」(15秒)
https://youtu.be/PJfVlnqnb7A
「キリン 生茶 ほうじ煎茶『誕生・実感 満島ひかり』篇」(15秒)
https://youtu.be/tUNEEeVb1l8
「キリン 生茶 ほうじ煎茶『誕生・実感 吉沢亮』篇」(15秒)
https://youtu.be/QOVGIcK8KMo

関連記事(外部サイト)