ノンスタ井上、伊藤健太郎に「代わってあげたい」で物議 生放送出演で「仮病を使って休もうと思った」

ノンスタ井上、伊藤健太郎に「代わってあげたい」で物議 生放送出演で「仮病を使って休もうと思った」

NON STYLE・井上裕介

 11月1日に放送された、TBSの生放送バラエティ番組『アッコにおまかせ!』に出演したお笑いコンビ・NON STYLEの井上裕介の発言に、注目が高まった。
 この日、『アッコにおまかせ!』は冒頭から、先日報じられた人気若手俳優・伊藤健太郎のひき逃げ事故について特集。和田アキ子を始め、多くの芸能人が驚いた本件は、看板コーナー「おまかせ!ニュースランキング」で堂々の1位であった。

 >>ココリコ遠藤、伊藤健太郎逮捕に「今日から俺はどうしたらええんやろ」発言 不謹慎と批判<<

 この日は、スタジオゲストとして、2016年12月に自身が運転する乗用車がタクシーに接触する事故を起こし、去ってしまったNON STYLEの井上裕介が出演。

 NON STYLEは、『アッコにおまかせ!』では準レギュラーとして数週間ごとに出演。そのため、井上のブッキングは以前から決まっており、今回の伊藤逮捕のタイミングとは関係がないようだが、タイミングがタイミングだけに、どのような発言をするのか注目が高まっていた。

 井上は、過去の接触事故に触れられることを見越し、「(芸能生活)20年やってますが、仮病を使って休もうと思ったのは初めて」と発言。その後も、伊藤の事故については歯切れの悪い回答が続き、アッコから「井上も以前、似たような事をやってたよね」と聞かれるという展開もあった。
 さらに、井上は「(伊藤は)素晴らしい人。代われるものなら代わってあげたい」という発言をし、相方の石田明が「すいません。パニックになっています」とフォローする一幕もあった。

 このNON STYLEの応対に、ネットでは「面白かった」「石田さんの相方愛を感じれた」という声の一方、「なんで井上が笑ってるのかわからない」「代われるものなら代わってあげたいって被害者は無視かよ」「何言ってるんだこいつは」といった批判の声が相次いだ。
 案の定、番組レギュラーである峰竜太から「あんまり笑いにする事件じゃないよね」と注意が入ることになるなど、井上にとってはたまたまの出演日で散々な日となったようだ。

 とは言え、過去に伊藤と同様のトラブルを起こした有名人だけに、今後も『アッコにおまかせ!』以外の場所でも意見を求められる機会は多くなると思われるため、自動車事故と同じようにパニックにならず、「事後の対策」はしっかり考えた方がいいかもしれない……。

関連記事(外部サイト)