りゅうちぇる「夫婦になってから見える世界も」“いい夫婦の日”に結婚生活を振り返る

りゅうちぇる「夫婦になってから見える世界も」“いい夫婦の日”に結婚生活を振り返る

学校総選挙プロジェクト

 タレントりゅうちぇるが22日、都内で開催された学校総選挙プロジェクト「選択的夫婦別姓」についてのトークショーに、 クリエーティブディレクターで株式会社アルカの辻愛沙子社長と音喜多駿参議院議員と出席。夫婦別姓に対して自身の見解を述べた。

 ?>>全ての画像を見る<<???

 「いい夫婦の日」に開催された本イベント。りゅうちぇるは「息子がまだ2歳。いい夫婦の日とか全く意識していなかった。別に意識していなくてもいい夫婦でいれていると思います。夫婦になってから見える世界もたくさんあった」と感慨深げ。

 夫婦別姓については「苗字の話は結婚する前からしてきちんと話し合っておくべき」と持論を述べ、「結婚してから当たり前のように男性の苗字で統一するとか、そういうやり方もありだけど、結婚前にどうするか話し合っておくのが大切。僕たちは仕事の上で芸名を使ってやっているので、そこまで重くは考えていなかったです。逆に一番話し合わないといけない分野だと思います。将来一緒に歩んで行かないといけない立場。夫婦で後悔がないように」と呼びかけた。

 音喜多氏は結婚相手がシングルマザー。音喜多氏自身はステップファザーの立場となる。「夫婦別姓には賛成」と述べたものの、「子供の名前ですけど、そもそもうちの子は別の苗字を名乗っていて、その後、両親の離婚で妻の苗字になった。さらに僕と結婚して今は音喜多姓。3度も苗字が変わっているんです。そういう意味では、子供が名前を変えることで複雑な家庭の子なのかなと思われたり、必ずしも子供にとって夫婦別姓がいいかどうかわからない」と話していた。

(取材・文:名鹿祥史)

関連記事(外部サイト)