大型プロジェクトのメインキャラに キムタクがジャニーズの“顔”に抜てきされた理由

大型プロジェクトのメインキャラに キムタクがジャニーズの“顔”に抜てきされた理由

画像はイメージです

 ジャニーズ事務所の社会貢献活動「Johnny's Smile Up! Project」の一環として24日にスタートした、新型コロナウイルスやインフルエンザの感染症対策のためのプロジェクト「AITSU」のメインキャラクター「AITSU」を、木村拓哉が演じていることを、各スポーツ紙が報じた。

 ?>>ジャニーズ、マッチに代わりトップに立つのは東山ではない? 地位がアップしそうな2人とは<<???

 各紙によると、AITSUは、頭部が右手の親指を立てたサムズアップの形になっている、身長約210センチの謎のキャラクター。24日に公式サイトなどで公開された動画は、AITSUが軽やかにダンスを踊りながら、街中やオフィスでマスクの着用や手指消毒、換気などを呼びかけるコミカルな内容。「中の人は誰?」などと話題となっていたという。

 26日から東京、北海道、大阪など8都市73カ所の街頭ビジョンなどで公開されるコンセプトムービーでは、正体が木村であることが明らかに。キャラクターのサムズアップポーズは、実際に木村の右手をモデルにして製作されたという。

 「相次ぐ所属タレントの退所に加え、“長男”である近藤真彦が不倫を認め活動自粛。ジャニーズ事務所の創業以来、かつてないほどの苦境に立たされているだけに、プロジェクトを盛り上げてイメージを回復させたいところ。そのプロジェクトの“顔”としてキムタクが抜てきされることになった」(芸能記者)

 年内いっぱいで事務所の看板を背負う人気グループ・嵐が活動を休止。来年3月いっぱいでTOKIOの長瀬智也が退所することを発表しているが、ますます木村が重宝されることになりそうだという。

 「所属タレントの中で幅広い世代が顔を知っているのは、SMAP時代に国民的アイドルだったキムタクぐらい。一時期は減ってしまったCMのオファーも増えてきたし、健在ぶりをアピールするためにもジャニーズの“顔”に据えるのがふさわしいと認められたようだ」(広告代理店関係者)

 今後も木村の露出が増えそうだ。

関連記事(外部サイト)