「命に関わる事件に巻き込まれた」人気ユーチューバー、殺害予告に続きまたも危険な目に 海外から送られてきた物とは

???? ユーチューバーの「鈴木ゆゆうた」が自身のYouTubeチャンネルを更新し、命の危険を感じる事件が起きたことを明らかにした。

 ?>>人気ユーチューバー、殺害予告を報告 「僕はもう逝ってしまったと思って」SNS更新頻度の注視を呼び掛け<<???

 過去にも嫌がらせや殺害予告を幾度か受けていることを明かしているゆゆうた。今月15日にも殺害予告を受けたと告白していたが、26日、「まだ言えないんですが命に関わる事件に巻き込まれましたとりあえず生きてます!」とツイートし、改めて深刻な事件に巻き込まれたことを報告。その後、28日に「命に関わる事件に巻き込まれたことについて話します。」というタイトルで自身のYouTubeチャンネルを更新し、Twitterの呟きについての詳細を説明した。

 ゆゆうたは冒頭で「皆さんに心配をかけてしまいました」「申し訳ありませんでした」と謝罪し、事件について「話せる範囲で話していきたい」と表明。ゆゆうたによると、事件の発端は税関から「会って話がしたい」と急に電話がかかってきたことで、実際に「会って話して」きたところ、海外の裏サイトからゆゆうたの住所宛てに「とんでもない危険物が送られそうになって」いたことが発覚したそうだ。中身に気づいた税関が郵送をストップさせ、ゆゆうたの元にその“危険物”が届くことはなかったという。

 危険物が何であるかは「この場でお話することはできません」としつつも、もしゆゆうたの元に届いていたら「ワンチャン僕死んでました」「それくらいのレベルのもの」だそう。ゆゆうたは「危険物の写真も見せてもらった」と言うが、「流石にちょっと震えました」と語っていた。

 このゆゆうたの報告を受け、ネット上では「本当に無事でよかった」「視聴者の事を考えてくれてるのはありがたいですが命あっての人生なのでマジで危なくなったらすぐに引っ越して警察に相談もしてしばらく身を潜めていた方がいいと思います」とゆゆうたを心配する声のほか、「最近ゆゆうたになら何しても良いって勘違いしてる人多くない?」「これは決して許されない行為だ」と怒りを露わにする人も見受けられた。

 その後、ゆゆうたは再びTwitterで「なんか最近いつ死んでもおかしくない気がしてきたのでできるだけ毎日Twitterは更新していこうと思います(生存報告も兼ねて)」とツイートしたが、29日には、自身のYouTubeチャンネルの登録者数が100万人達成までかかった日数について報告するなどしていて、特に何か身の危険が及ぶような出来事は起こっていないようだ。

 とは言え、ゆゆうたの心配をしているファンは多いようだ。

記事内の引用について
鈴木ゆゆうたのYouTubeチャンネルより
https://www.youtube.com/channel/UCNMG8dXjgqxS94dHljP9duQ
鈴木ゆゆうたの公式Twitterより https://twitter.com/dai2noyuyuta

関連記事(外部サイト)