人気ユーチューバー、高額のクレカ不正使用被害を告白 買い物した店から流出した可能性も?

 人気ユーチューバーの「フィッシャーズ」のマサイが2日、クレジットカードの不正使用の被害に遭ったことを報告。情報の流出原因などを推測し、視聴者から反響が寄せられている。

 フィッシャーズは「【100万円】クレジットカードを不正利用されました。」のタイトルで動画を更新し、マサイが「とんでもないことが起きた」と切り出し、2020年11月17日にクレジットカード会社からカードの利用ができなくなったというメッセージが来たことを報告。そこには電話で確認するように書かれていたため、マサイはクレジットカード会社に電話したそうだ。すると、クレジットカード会社から、マサイのクレジットカードの不正使用の可能性があると言われたという。カードはマサイの手元にあるにも関わらず、海外で48万円と38万円のブランド品の購入のほか、Appleで1万円の課金をしたことになっていたそうだ。ただ、支払いは「全部ブロック」されて実害はないという。

 マサイはカードが不正使用された原因について、「過去に買い物したお店(に不正アクセスがありお店)から流出した」「(飲食店などでの支払いで)カードを渡すタイミングでやられた」可能性があるのではないかと推測。ただ、これらは推測に過ぎず、確かではないものの、マサイは「他人に(カードを)渡す瞬間が怪しい」と話し、情報の保護には自信があるが、「なのに漏れちゃう」と恐怖を表現していた。

 ?>>ヒカキン、女性タレントにデマを流され苦言 面識ないのに「しょっちゅうご飯行く仲」と嘘、驚きの声<<???

 この動画を受け、ネット上では「誰にでも起こりうる事件だろうから怖い」「笑っちゃダメなのはわかってるんだけど、1万円の課金のところで笑ってしまった」「私もクレジットカード不正に使われたけど、すぐ連絡あるんだよね。あれも凄い」などの声が挙がっていた。

 また、「なんかの本で見たんですけど、外国ではカードをカードタッチした時にコピーして不正に使うことあるらしいです」「どうやら海外では、ただすれ違っただけでもデータが取られてしまったりするケースもあるみたいです」など流出に関する別の見解を明かす人や、「去年の12月にカードの不正利用されました! Amazonのメールから情報抜かれました」「私も不正利用された事あります。スキミングされた可能性が高いと言われました」「海外でクレジットカード不正利用されて人生詰みかけた。あれから海外ではQRコード決済かキャッシュで支払うようになりました」など自身の体験談を明かす人も見受けられた。

 フィッシャーズの動画を受け、改めて情報管理の大切さを実感した人も多いことだろう。

記事内の引用について
フィッシャーズ公式YouTubeチャンネルより
https://www.youtube.com/channel/UCibEhpu5HP45-w7Bq1ZIulw

関連記事(外部サイト)

×