錦織圭が“初体験”を捧げた福原愛との破局は二股疑惑? 涙ながらに交際を懇願するも…【芸能界、別れた二人の真相】

錦織圭が“初体験”を捧げた福原愛との破局は二股疑惑? 涙ながらに交際を懇願するも…【芸能界、別れた二人の真相】

福原愛

 元卓球女子日本代表の福原愛が4日発売の『女性セブン』(小学館)で、不倫デートの一部始終が公になり、さらに同日発売の『週刊文春』(文藝春秋)では、2016年9月に国際結婚した台湾人の卓球選手・江宏傑の“モラハラ疑惑”が報じられた。“おしどり夫婦”として親しまれていた福原夫妻だが、現在は離婚協議中だという。また、『セブン』に直撃された福原は、相手男性を「仲のいい友達の一人」と説明し、それぞれが別室で夜を明かしたと釈明。苦し紛れながらも不倫を否定した。

 福原は、4歳の頃から“天才卓球少女”としてメディアに注目され、一躍国民的アイドルに。10歳でプロに転向し、04年開催のアテネ五輪に女子シングルス日本勢史上最年少の15歳で出場。北京、ロンドン、リオと4度の五輪連続出場を果たし、リオでは女子団体で銅メダルを獲得。18年10月、現役引退を表明した。

 幼少期からスポーツ一筋の福原だけに、今回の騒動には世間も驚愕するばかり。だが、福原の“肉食ぶり”は今に始まったわけではないようだ。

 福原の恋愛スクープといえば、2008年11月に『FRIDAY』(講談社)が報じたテニスプレーヤー・錦織圭選手との“原宿キスデート”が思い出される。同誌によると、2人は東京・原宿のスポーツショップで買い物をした後にカフェでお茶を飲み、アロマオイルの店を訪れ夜のムードを高める“イランイラン”のオイルを調達したという。終始ラブラブな2人は密着して指を絡ませて歩くと錦織が福原の腰に手を回して見つめ合い、親密さをうかがわせた。

 さらに、後ろ姿ではあったが路上キス姿が激写され、一部では福原は夢中になると周りが全く見えなくなる傾向にあると報じられた。

 ?>>結婚間近のKEIKOとゆず・北川は破局せざるを得なかった? 猛反対したのは母親か【芸能界、別れた二人の真相】<<???

 「同年に開催された北京五輪の選手村で福原と同室だった元女子プロテニス選手・杉山愛が2人を引き合わせ、福原(当時20歳)の猛アピールから交際に至ったよう。報道を受け、錦織(当時18歳)の所属会社は『友達』と主張するも、沈黙を貫く福原は遠征後に成田空港で待ち構えていたマスコミを前に騒動を謝罪し、浮かない顔で去っていきました。ところが、わずか4カ月ほどで2人は破局したといいます」(芸能ライター)

 海外を拠点としながらプレイする2人の遠距離恋愛には無理があったといわれたが、こんな話もある。

 「当時、卓球協会の顔といわれた福原の熱愛騒動を煙たがった同協会が“圧”をかけたとか。一方では、“原宿デート”が公になった直後、福原は涙ながらに錦織との交際継続を両親に懇願しましたが、猛反対され別れざるを得なかったという説もあるよう。しかし、実は全く別の事情も。福原は錦織と同時期に、青森山田中・高時代の同級生で卓球選手の大矢英俊との二股疑惑が浮上。大矢選手とは高校時代から付き合ったり別れたりを繰り返し、福原の友人には『今は微妙だけど、(最終的には大矢選手に)戻るつもり』と宣言していた矢先の熱愛報道だったんだとか」(前出・同)

 世間からすれば、恋愛に対し“ウブ”なイメージが強いのかもしれない。だが、それを裏切るかのように2016年11月発売の『アサヒ芸能』(徳間書店)では、酒に酔った福原が「圭くんの“初めて”(童貞)をもらったのは私だったんだよ」と自慢気に語っていたことが報じられている。

 『セブン』の発売同日、夫は不倫疑惑を「誤ったゴシップ」だと声明を出し、愛妻をスキャンダルから死守していたが、『文春』が報じた“モラハラ”が事実だとすれば、今後は“ドロ沼”に発展するだろう。

関連記事(外部サイト)