水卜麻美アナが後輩らへ振る舞う“水卜会”に久野静香アナが不快で脱退?反旗を翻し派閥勃発か<共演NG?【犬猿の仲】の有名人>

水卜麻美アナが後輩らへ振る舞う“水卜会”に久野静香アナが不快で脱退?反旗を翻し派閥勃発か<共演NG?【犬猿の仲】の有名人>

水卜麻美アナウンサー

 日本テレビの水卜麻美アナウンサーが3月29日、同局の情報番組『ZIP!』の総合司会に就任。番組冒頭、水卜アナは「小さい頃、家族の誰よりも朝早く起きて、まずテレビをつけて一日を始めていた私にとって、この時間の番組は特別な思いがあります」とあいさつし、今後の意気込みを語った。

 水卜アナは、2010年に同局に入社。以降は数多くの番組に出演し、売れっ子アナとしてお茶の人気者となった。また、オリコン調査の「好きな女性アナウンサーランキング」では、13年から5年連続で1位を獲得。さらに、明治安田生命調べの「理想の上司ランキング」では、5回連続1位に輝くなど幅広い年齢層からの支持を集めている。

 同局の女子アナを代表する水卜アナは後輩からの信頼も厚いようだが、“派閥闘争”も有名な話だ。2015年10月、ニュースサイト『東スポWeb』では、同月に『NEWS ZERO』(同)の司会に就任した久野静香アナとの確執を報じている。

 同サイトによれば、水卜アナが率いる最大派閥「水卜会」が存在するといい、同局の関係者が「アナウンス部が分裂してしまうかもしれない。非常にヤバい状態」と深刻な内部事情を伝えた。

 一体、どういうことなのだろうか。

 「日テレのアナウンス部内では、水卜アナ率いる水卜会に徳島えりかアナをはじめ、杉野真実アナ、岩本乃蒼アナ、郡司恭子アナ、後藤晴菜アナ、中島芽生アナら、当時の若手アナが名を連ねていたとか。一方の『久野会』には、笹崎里菜アナを幹事として取り込み、葉山エレーヌアナや小熊美香アナ、上田まりえアナらが。久野会は水卜会に反旗を翻す形で新たな派閥を結成し、抗争が勃発したといわれています」(報道関係者)

 これが原因かは不明だが、両者は一時期、“共演NG”といわれたことも。

 「久野アナはかつて、水卜会の幹事を務め、水卜アナが最も信頼を置いていたという存在。しかし、スタッフの悪口や会社の不満が炸裂する会に久野アナはうんざりだったとか。しまいには、『ZERO』の打ち合わせなどを理由に顔も出さなくなったといいます」(前出・同)

 ?>>マツコが「ホントに汚い女ね!」と一喝! ベッキーの“裏の顔”を早くから指摘していた?<共演NG?【犬猿の仲】の有名人><<???

 そこで久野が、お好み焼きを食べに行こうと後輩らを誘って立ち上げたのが久野会だという。だが、久野アナが水卜会に嫌気が差した本当の理由は別にあったようだ。

 「水卜アナは会の費用を全額負担していたそう。世間からの好感度の高さや局内で特別待遇がある手前、水卜アナはかわいい後輩たちへの“粋な計らい”のつもりで払っていましたが、水卜アナの“舞い上がる”行動がしゃくだったといいます」(芸能ライター)

 ところが2018年5月、両者は『ザ!世界仰天ニュースSP』(同)で初共演を果たし、不仲説を一蹴したのだ。

 番組司会の中居正広から不仲について聞かれた水卜アナは、「週刊誌によく『女性アナウンサー相関図』みたいなのがあって、真っ赤なウソ」と派閥を否定。続けて、「なぜか毎回“水卜vs久野”って書かれる」と憤りを見せ、久野アナもこれに同調した。

 だが、以降も不仲説はくすぶり続けた。ところが2020年1月、久野アナの離婚発表で水卜会への再加入説が浮上した。だが、内情はこうだ。

 「水卜アナは、ザ・ビートルズ好きが高じて同局アナらと『ミートルズ』というバンドを結成。ところが、かつての右腕といわれた久野アナはメンバーにはいません。このことからも、両者の確執は解消されていないともっぱらです」(芸能ライター)

 今や、女子アナ界の頂点に君臨する水卜アナは10日に34歳を迎える。仕事は順調で何よりだが、プライベートの浮いた話も聞いてみたいものだ。

関連記事(外部サイト)

×