【放送事故伝説】『笑ってコラえて!』で謎の声?視聴者も大パニック

【放送事故伝説】『笑ってコラえて!』で謎の声?視聴者も大パニック

画像はイメージです

 テレビのバラエティ番組は1本制作するのに100人以上のスタッフが関わっているとされる。放送局も含めれば1000人規模にもなるだろう。

 それだけに明らかな編集ミスや音声トラブルは事前に対処されることがほとんどなのだが、時と場合によっては、問題を抱えたまま放送されてしまうこともある。

 最近、物議を醸したのが日本テレビ系のバラエティ番組『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』での「謎の声事件」だ。

 問題の場面は2020年2月5日放送分で流れた。この日の『笑ってコラえて』は3時間スペシャルで、結婚式を控えた新郎新婦の人生を振り返る人気企画「日本列島 結婚式の旅」が放送された。

 企画に登場したのは青森県に住む20代の新郎新婦で、新婦は大腸がんを患っており「あと5年生きられるか分からない」という。そのため皆が記憶に残るような結婚式を開こうと、会場で流すVTRを『笑ってコラえて!』スタッフと一緒に撮影した。
 
 VTRの中で、2人は秋田県の大曲の花火を観に行ったのだが、その際、「死んじゃいな」という男性と思われる声が聞こえたのだ。

 ?>>【放送事故伝説】『池の水ぜんぶ抜く大作戦』放送ギリギリの珍お宝とは?<<???

 VTRでは花火の映像が流れており、「死んじゃいな」のセリフは前後のシーンを考えてもどう考えてもおかしい。そのためネットでは「編集スタッフが間違えて音を差し込んでしまったのか?」「幽霊の声では?」といった声が相次ぎ一時パニック状態になっていた。

 後日、この「死んじゃいな」のセリフは男性がボソッと漏らした「しんどいな」が「死んじゃいな」に聞こえたことが分かった。霊の類ではなかったのだが、「新婦が直腸がん」というヘビーな背景だったために、「死」を連想させるキーワードに聞こえてしまったのかもしれない。

 結果的に「放送事故」的なものではなかったが、非常に珍しいタイプの騒動といえるだろう。

(文:穂積昭雪 山口敏太郎事務所)

関連記事(外部サイト)