“おせっかいキャラ”化の田中みな実、女優業本格化もレギュラー番組を2本残したワケ

“おせっかいキャラ”化の田中みな実、女優業本格化もレギュラー番組を2本残したワケ

田中みな実

 昨年8月に女優業本格進出をめざして広末涼子、戸田恵梨香、有村架純らが所属する「フラーム」に移籍したフリーの田中みな実アナウンサー。

 多忙になることを見込んでか、今春の改編で出演していた古巣・TBSのバラエティー番組2本を降板したが、関西テレビ「グータンヌーボ2」とテレビ朝日系「あざとくて何が悪いの?」への出演は続けている。

 「計算高いみな実アナ。女優として厳しくなった時のためにしっかり“保険”をかけている。とはいえ、両番組とも恋愛に関して好き勝手しゃべっていればいいだけで、仕事なのにストレス発散になりそう。だが、話を聞いていると、みな実アナは恋愛経験が乏しいことがバレバレ」(テレビ局関係者)

 先ごろ、田中アナの主演映画が決まったことが報じられたが、発売中の「女性自身」(光文社)によると、その現場での発言で周囲が微妙な空気になってしまったというのだ。

 同誌によると、監督始め多くのスタッフが、同じ事務所の若手女優の主演映画を以前撮影したこともあり、和気あいあいとした現場。

 ?>>退社相次ぐTBSの中堅女子アナたち、一番の痛手は田中みな実ではない?<<???

 そんな空気を察した田中アナは、一時期同じマネジャーで近況を知っている唐田えりかのことを気遣い、「えりかちゃんが復活する時も、このチームに撮ってもらったらいいよね!」と笑顔。

 しかし、田中アナにとって唐田は事務所の先輩。にもかかわらず、“上から目線”での発言に微妙な空気が流れてしまったというのだ。

 「最近の田中アナは、ほかの出演者が“ブレーキ”をかけても“アクセル”を踏んだままで、余計なひと言をポロっとしゃべってしまうことが多い。それがおもしろいが、やたらと“おせっかい”ぶりが目立つので、不快感を覚える視聴者も多いのでは。今後、そういうキャラで売り込む気なのでは」(テレ朝関係者)

 現場での発言、唐田が知ったらどんな心境だろうか。

関連記事(外部サイト)