【有名人マジギレ事件簿】中川翔子、見知らぬ男に胸を揉まれ「まじくやしい!」

【有名人マジギレ事件簿】中川翔子、見知らぬ男に胸を揉まれ「まじくやしい!」

中川翔子

 7月28日、タレントの中川翔子が自身のYouTubeチャンネルを更新。一部のネット意見に中川が怒りを露わにし、注目を集めている。

 中川は今回、『自分の名前でエゴサしたら、泣きたいレベルだった…。でもカップヌードルチャーハンは神レベルに美味しかった!』というタイトルの動画の中で、SNSで自分の名前を検索するエゴサーチ企画に挑戦。そこでツイッターの“しょこたん”というワードが含まれた書き込みを次々と見ていったのだが、そこには彼女を褒める意見があった一方、〈明らかな嘘をやたらめったらつくので、どういうふうに見たらいいのかよくわからない〉というアンチツイートも見てしまうことに。すると、中川は「これ多いんですよね…」と顔をしかめ、「あなた何をおっしゃってるの? って感じ。誰のこと言ってるんですか? すごい根強いアンチにすごい嘘(を付いている)とか言われるわけですよ私…。でさ、『お前が嘘だからな!』ってアンチに言いたいこといっぱいあるんですよ」と猛反論した。

 ?>>【有名人マジギレ事件簿】本番中、ダウンタウン浜田とゲストが殴り合いの大喧嘩!<<???

 中川によると、ネットで嘘つきと決めつけられている要因の一つには、ファンクラブの麻雀イベントの出来事が影響しているとのこと。そのイベントで彼女が麻雀卓につくと、周りにいたファンが、ネタで牌を役満の形に並べていたのだとか。そこで中川はファンのノリに応えようと、ツモったフリの記念写真を一緒に撮ってネットのアップしたのだが、これが“嘘で役満を上がったと言ってる”と大炎上することに。これにも、中川は「違うから! 聞けよ! 香港でイベントしてたんだよ! それ一生言われるから、本当に腹立ってて。いちいちそれをツイートで説明すると長くなるし、返信しても気にしてるみたいになるから」と大激怒。そして、「一生懸命お仕事しても、カバーしきれないというか、だからずーっとこうやって真実と違うことで傷をエグられたまま生きてるから、ホントたまに嫌になる」と嘆いた。

 そんな中川と言えば、20代の頃、路上で遭遇した痴漢にも激しく激怒したこともあった。彼女が当時のブログで明かしたところによると、ある日、両手に荷物を持って道を歩いていた際、前から来た見知らぬ男が、「あ、ごめーん」と言いながら胸を揉んできたとのこと。これに中川は「まだ感触が!気持ち悪い!ギタギタにしてやりたかった!荷物さえなければ!」「まじくやしい キモス!」とマジギレし、相手の似顔絵をブログで掲載するなどして反響を呼んだ。

 その後、中川は痴漢被害がよっぽど悔しかったようで、自身の書籍で当時の被害を漫画化し、左バストを揉まれる生々しい描写を水木しげる風タッチで再現。そこでは“ギューム”という擬音も使われているため、かなり強く揉まれてしまったようだ。

 今やYouTube登録者数も50万人を超え、人気YouTuberとなった中川。たとえ辛い経験であろうと、動画や漫画などを通じて表現するその強さも、彼女が多くのファンから支持される一因なのかもしれない。

関連記事(外部サイト)