大人数バーベキューで感染者、逮捕者が出た局も メダル級の不祥事が出そろった各民放キー局

大人数バーベキューで感染者、逮捕者が出た局も メダル級の不祥事が出そろった各民放キー局

画像はイメージです

 東京五輪中継では、日本人選手のメダルラッシュで大いなる恩恵を受けた民放各局だが、この春先から五輪閉幕までの期間で、ネガティブな意味でメダル級の不祥事が出そろってしまった。

 まず、21日と22日にチャリティー特番「24時間テレビ」の放送を終えた日本テレビ。

 同特番を控え、感染対策は万全なはずだったが、ニュースサイト「週刊女性PRIME」(主婦と生活社)によると7月30日、人気バラエティー「世界の果てまでイッテQ!」の番組スタッフ約10人が都内でバーベキューを開催。

 ?>>地上波9年ぶり登場の元NHKアナに「なんでテレビ出られるの」「先に謝る場所がある」セレブ生活公開も批判集まる<<???

 その中からコロナ感染者が出てしまったというが、正式な情報共有はされず、事実は伏せられ続けたままだという。

 そして、世間を騒がせたのが、五輪中継の視聴率が絶好調だったテレビ朝日。

 五輪の閉会式を終えた8月8日深夜、中継を担当した社員ら10人が打ち上げと称し、都内カラオケ店で飲酒。おまけに、参加した20代の女性社員がビルの2階から転落して緊急搬送されたことが明らかになり、騒動となった。

 その直後、同局のビジネスプロデュース局に所属する20代の男性社員が、他人の自宅に侵入しワイヤレスイヤホンを盗んだとして、窃盗と住居侵入の疑いで逮捕されたのだ。

 「とんでもないことをしてくれたもので、視聴者からは抗議が殺到。いくら、ニュースでコロナ感染対策を呼び掛けても、自社の社員のせいで示しがつかない。窃盗犯は論外だろう」(テレ朝関係者)

 4局に先駆けたのがフジテレビ。今年4月、「週刊文春」(文芸春秋)で、複数の女子アナが都内の同じ美容室にて無料でサービスを受ける代わりに、自身のSNSで紹介するステマ行為≠ノ手を染めていたことをすっぱ抜かれた。

 同局はステマ行為を否定したが当事者たちは謝罪。関与不明なものの久代萌美アナウンサーは他部署へ異動になってしまった。

 そして、残るTBS。6月に小林廣輝アナウンサーが「フライデー」(講談社)で、テレビ朝日の斎藤ちはるアナウンサーとの熱愛を報じられた。しかし、その後、複数の女性とも同時に交際していたことが発覚。すっかり「赤坂のドン・ファン」と呼ばれ、担当番組を外されてしまった。

 その斎藤アナは五輪開幕直前の7月21日にコロナ感染を発表。五輪期間中、担当番組を全休=B踏んだり蹴ったりだ。

関連記事(外部サイト)