神尾楓珠、顔だけいい“うざキュン”教師役に初挑戦! 新ドラマ『顔だけ先生』主演、「台本以上に面白くできたらいいな」と意気込み

神尾楓珠、顔だけいい“うざキュン”教師役に初挑戦! 新ドラマ『顔だけ先生』主演、「台本以上に面白くできたらいいな」と意気込み

?『顔だけ先生』

 俳優の神尾楓珠が主演を務める新ドラマ『顔だけ先生』(東海テレビ・フジテレビ系)が、10月9日よりスタートする。

 ?>>全ての画像を見る<<???

 同作は、いきなり丸坊主にしてくる女子生徒や、教師全員にコスプレでの授業を要求する保護者など、問題が山積み・社会の縮図のような閉塞感が漂う学校が舞台。そこに現れた“顔は満点、中身は赤点”な神尾演じる超自分至上主義者の非常勤講師・遠藤一誠が繰り広げる学園コメディだ。教師らしい事は一切せず、空気が読めないポンコツでも顔だけはいい“うざキュン”キャラで新境地を開き、悩める生徒らを「なぜ、今そこに?」という場所に誘い、どんな化学反応を起こすのかが見どころだ。

 また、神尾の他にも遠藤の尻拭いに奔走する学年主任・亀高千里役に、実力派女優・貫地谷しほりの出演も決定している。

 放映に先駆け神尾は、「初めての先生役で、オフォーを頂いた時は『早いな』と(笑)。まだ22歳で不思議な感覚でしたが、先生らしくとか、気負わないでやろうと思いました。僕が演じる遠藤一誠は、すごく活力のある人物です。個性的でセリフもとても楽しいので、神尾楓珠という人間の力で、台本以上に面白くできたらいいなと思っています。悩める生徒たちの問題をどう解決していくのか、ぜひ注目して観ていただけたら嬉しいなと思います」と意気込みをコメント。また、先輩教師を演じる貫地谷については「初共演ですが、思っていた通りの明るくて優しい方でした。僕の突発的なお芝居にもちゃんと応えて下さるので、すごくやりやすかったです」と明かしている。

 また、貫地谷は「毎回パンチのある問題や、いろんな事が出てくるので、これを演じられたら楽しいだろうなと思い、お引き受けしました。神尾さんと会ったときは、第一声で『綺麗だね』と。20歳ぐらいの人たちを見ると、『かわいい』と思うのですが、神尾さんは、『綺麗だなー』と思ってそうって言っちゃいました。エピソードも突拍子もないものが沢山ありますが、とても大切なことを描いています。ぜひご覧ください」とコメントを寄せている。

 『顔だけ先生』は、10月9日23:40より初回放送予定。

土ドラ『顔だけ先生』
東海テレビ・フジテレビ系
放送日:10月9日(土)〜12月18日(土)※全11回
放送時間:毎週土曜23時40分〜24時35分(予定)

関連記事(外部サイト)