バカリズム、ナイツ土屋にブチギレ「お前、引きずり回すぞ!」 意外なエロキャラも発覚?

バカリズム、ナイツ土屋にブチギレ「お前、引きずり回すぞ!」 意外なエロキャラも発覚?

バカリズム

 9月30日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で、バカリズムがナイツ土屋伸之に声を荒げる一幕があった。

 この日の括りは「マセキ芸人」。マセキ芸能社と言えば、ウッチャンナンチャンらが所属する老舗のお笑いプロダクションだが、今回スタジオには出川哲朗を筆頭に、バカリズム、ナイツ、狩野英孝らが集結し、知られざる関係性についてトークしていた。

 ?>>千鳥ノブ、バカリズムら“小物MC”、絶賛する芸人・不評な芸人の意見が一致「ブン殴ってやろうかと」<<???
 
 すると、出川がバカリズムについて、「みんなは(バカリズムのことを)『怖い、怖い』って言うけど、最初の頃は本当に可愛かったのよ」と切り出し、「ピンになった途中ぐらいから“天才肌”が出すぎちゃって」と、もともと組んでいたコンビを解散した後から「切れ者」になっていたと語った。

 これに対して、バカリズムは「出てないでしょ、なんにも出してないでしょ」と反論するも、出川は「若い子たちはちょっと、 しゃべりづらいんじゃないかなと思う」と私見。これにナイツ塙宣之が「『飯行きましょうよ』とか言っていいんですか?」と恐る恐る尋ねると、バカリズムは「全然、全然…。だって誘ったりするでしょ?俺」と気さくさをアピール。

 ここで話に入ってきたのが土屋。「はい。誘ってはくれます」と返しつつ、「だから、南原さん(南原清隆)と飲みに行くとかっていう時も、『なんか南原さんと2人きりだとちょっと気まずいから…』(と言われて誘われる)」と暴露。

 これを聞いたバカリズムは思わず立ち上がり、「お前ふざけんなよ! お前ふざけんじゃねえ!」と絶叫。スタジオは笑いに包まれたものの、まさかの一喝に土屋は「すみません!」と謝罪。だが、バカリズムの怒りは収まらず、「お前、引きずり回すぞ!!」と激怒。

 だが、このあと落ち着きを取り戻したバカリズムは、真相として「それは南原さんが、『他の後輩たちとも、しゃべってみたいから呼んでみたら?』っていう事でナイツとか狩野を誘った」と釈明していた。

 この他にも、バカリズムは三四郎・小宮浩信から、一緒に温泉旅行に行った際、宿の「ご案内」に書いてあった「スーパーコンパニオン」という“仕事の内容”に興味を持ち、フロントに電話した話もバラされた。

 ただしその時、バカリズムは小宮に「“スーパーコンパニオン”から話を始めるとスーパーコンパニオンが好きな集団だと思われるだろ?だから、部屋の中に饅頭あるだろ?『この饅頭おいしかったです。お土産で何個か饅頭もらえませんか?』って言った“ついで”に、このスーパーコンパニオンについて聞け」と指示したそう。だが、宿のスタッフから説明されたあとも、結局スーパーコンパニオンを呼べず、翌朝、女将さんがたくさんの饅頭を持ってきたという笑い話もされていた。

関連記事(外部サイト)