小栗旬や菅田将暉ら有名人たちの「投票呼びかけ動画」再生数が少ない? 出演CMへの影響は

小栗旬や菅田将暉ら有名人たちの「投票呼びかけ動画」再生数が少ない? 出演CMへの影響は

小栗旬

 10月31日投開票の衆院選を控え、俳優の小栗旬や菅田将暉ら14人が、16日にYouTubeに投稿された動画『VOICE PROJECT 投票はあなたの声』で投票を呼び掛け、話題になっている。

 動画には小栗や菅田のほか、秋元才加、安藤玉恵、石橋静河、滝藤賢一、仲野太賀、二階堂ふみ、橋本環奈、前野朋哉、ローラ、渡辺謙や、元・水曜日のカンパネラのコムアイ、ONE OK ROCKのTakaの計14人が出演。

 >>菅田将暉「今年の3月に色々ありました」何かを“判断した”と話す 「別れたんだろうな」ファンから憶測も<<

 冒頭では、二階堂と仲野が「これは広告でも政府の放送でもなく」「僕たちが僕たちの意思で作った映像です」と説明。

 コムアイが「とにかく若者の私たちの世代の投票率がすごく低い」と語ると、菅田も「そんなに少ないんだ、みたいなことは驚いたし、『その中の1人でもあるよな、俺』みたいな」と続き、その後も1人ずつ投票率が低い現状を説明した。 

 最後に、滝藤が「僕は投票に行ってる人がかっこいいと思います。だから僕は投票に行きます」、Takaも「僕に与えられた権利、だから投票します」と宣言すると、出演者たちが次々と投票に行くと意思を示した。

 この動画に対して、ネット上では、《人気商売でこれに参加するのは勇気が要ることだと察します》、《芸能人が声を上げてくれると、若い人も行こうかな。って気持ちになってくれたらありがたい》、《素晴らしい試みです》など、異例の試みを支持する声が続々と上がった。

 「幅広い世代の人選となったが、海外の芸能人のように『●●党に入れてくれ』と特定の政党の支持を訴えたり、自分の政治信条を述べているわけではないので、出演した芸能人たちのCMスポンサーも特に問題にしないのでは」(広告代理店関係者)

 一部情報番組の取材に対し、動画を投稿した市民による自主制作プロジェクトの担当者は「影響力ある人々と一緒に映像で発信することが、最も多くの人に伝わるのではと考えた」と投稿した意図や台本はないことを説明した。

 話題にはなったものの、19日夜までの動画の再生回数は40万回程度。これだけ豪華な面々にしてはそこまで伸びていない気がするのだが……。 

関連記事(外部サイト)