人気ユーチューバー、大腸がんで余命3年と報告 20代でステージ3も「治療はしない」宣言に反響

人気ユーチューバーYURAMEが大腸がん 「余命3年」という宣告を受けたと報告

記事まとめ

  • 過激な動画投稿で知られていた人気ユーチューバーのYURAMEが大腸がんを公表した
  • ステージ3で、すでに転移しており「余命3年」という宣告を受けたという
  • 「闘病生活は絶対に送りたくない」という自身の想いを優先し「治療はしない」と話した

人気ユーチューバー、大腸がんで余命3年と報告 20代でステージ3も「治療はしない」宣言に反響

人気ユーチューバー、大腸がんで余命3年と報告 20代でステージ3も「治療はしない」宣言に反響

YURAME公式ユーチューブチャンネルより https://www.youtube.com/channel/UCvVG6ZeYHjp1OdbERUiMneA

 過激な動画投稿で知られていた人気ユーチューバーの「YURAME」が22日、大腸がんを患ったことを公表した。

 >>人気ユーチューバーがバッシングで活動休止「ここでは言えないような言葉」で体調を崩したと明かす<<

 東京から大阪までヒッチハイクした様子を収めた動画をアップした動画が反響を集めた一方、宅配ピザの電話注文で卑猥な単語を連発する動画や、姉の下着を調理して食べさせるなどの過激な企画で知られていたYURAME。しかし、2018年3月以降、動画更新はストップ。2021年4月に3年ぶりにアップした動画の中で、ブラック企業に就職していたことを明かしていた。

 そんなYURAMEだが、今回7か月ぶりに「【ご報告】ガンで余命宣告されました。治療はしません。」という動画を公開。その中で、今年の4月に大腸がんが見つかったことを報告。ステージ3で、すでに癌がリンパ節に転移している状態であると明かした。

 YURAMEによると、去年9月から血便が頻繁に出るようになり、貧血で体調を崩すようになったとのこと。当初、原因は分からなかったものの、大学病院で検査してもらった結果、「大腸がんで余命3年」という宣告を受けたという。また、医師によると手術を受けたとしても再発する可能性が高いそうで、YURAMEは以前から決めていたという「闘病生活は絶対に送りたくない」という自身の想いを優先し、「絶対に治療はしない」と話した。

 突然の報告に、コメント欄には「辛過ぎる」「ネタだって言ってほしい」「好きだったから受け止められない」「できることなら治療してほしい」「最後まで応援しています」といった悲しみの声やエールなどが寄せられている。

 なお、YURAMEは「もし癌が見つかっていなかったらユーチューブには二度と戻らないつもりでした」と言い、今度も動画をアップしていくことを示唆していた。

記事内の引用について
YURAME公式ユーチューブチャンネルより
https://www.youtube.com/channel/UCvVG6ZeYHjp1OdbERUiMneA

関連記事(外部サイト)