草なぎが俳優としてオファーが絶えない理由は徹底した食事管理にあった

草なぎ剛が主演作にコンスタントに恵まれている理由は徹底した自己管理が影響か

記事まとめ

  • 草なぎ剛が主演作に恵まれているのは、健康オタクを自認するほどの自己管理にあるよう
  • 血糖値を上げない食事にはうるさく、野菜から食べるなど外食時も徹底しているという
  • 就寝するのはほぼ22時で睡眠時間は8時間をキープ、香取からは「女優か」とツッコミも

草なぎが俳優としてオファーが絶えない理由は徹底した食事管理にあった

草なぎが俳優としてオファーが絶えない理由は徹底した食事管理にあった

草なぎ剛

 今月26日でNHK大河ドラマ「青天を衝け」(NHK総合ほか)が最終回を迎える。江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜を好演した草なぎ剛は10月25日に撮了。現在は、再演となった主演舞台「アルトゥロ・ウイの興隆」に勤しむ日々で、22年1月16日の東京・豊洲PITの千秋楽まで全力疾走だ。

 ?>>CM共演が話題のタモリと草なぎ剛、強い絆は昔から スマスマ出演で伝説の“飲酒解禁”も<<???

 元SMAPの稲垣吾郎、香取慎吾とジャニーズ事務所を退所してからのおよそ4年は、映画やドラマ、舞台の全てで主役を張った。主演作にコンスタントに恵まれているのは、健康オタクを自認するほどの自己管理にある。SMAP時代から、喉をいたわるための加湿はマスト。現在のように連日舞台となれば、なおさらだ。

 喉をケアするようになったのは、15年から担当している「ブラタモリ」(NHK総合)のナレーション。声だけのレギュラー番組とあって、冬場は常に首にマフラーを巻いて暖め、にんにくを多めに摂って免疫力をアップ。生活の最優先を風邪防止にあてた。夏場でも加湿器を使い、コロナ前からマスクを欠かさなかった。

 加湿とともに心がけているのは、体重のキープ。とりわけ、血糖値を上げない食事にはうるさい。
「食後の血糖値の上昇が緩やかな指数を示すGI値が低いものから摂取するのです。まずは野菜から。ステーキハウスでは必ずサラダもオーダーして、『肉を食べる前にサラダを持ってきてください』と頼むほど、外食時も徹底しています」(舞台制作関係者)

 「食料袋」と名づけた小袋を必携しており、長丁場になりそうな現場にはりんごやオレンジ、野菜ジュースなど低GI値の食品を入れておく。香取とのラジオ「ShinTsuyo POWER SPLASH」(bayfm)だけしか仕事がない時は、食料袋を持たない。

 就寝するのはほぼ22時。夕食が消化するのに4時間かかることを逆算して、18時には摂るようにしている。帰宅が遅くなりそうな時は、移動中に食事を済ませる。舞台中は特にルーティンを壊したくないため、睡眠時間は8時間をキープ。朝は7時から8時に起床する。

 「愛飲しているのは水素水や酵素ジュース。香取さんからは『女優かっ!』とツッコまれています」(前出・舞台制作関係者)

 47歳になっても美肌を保てているのは、“貯金”の賜物。アイドル界のトップに上りつけたアラフィフは、老けない才能を自身の努力によって手に入れたのだ。

(伊藤由華)

関連記事(外部サイト)