『ガッテン』『生活笑百科』続々打ち切り? 番組の共通点と次のターゲットは

『バラエティー生活笑百科』と『ためしてガッテン』が終了へ 打ち切り番組に共通点

記事まとめ

  • 『バラエティー生活笑百科』と『ためしてガッテン』が来春にも終了するという
  • 若い層を取り入れたい意向らしく、高齢者から人気を集める番組が心配されている
  • 『ブラタモリ』はF1視聴率が1.6%で『鶴瓶の家族に乾杯』もM3・F3以外の視聴率が低い

『ガッテン』『生活笑百科』続々打ち切り? 番組の共通点と次のターゲットは

『ガッテン』『生活笑百科』続々打ち切り? 番組の共通点と次のターゲットは

タモリ

 NHKの人気番組にメスが入った。1985年から36年の歴史を誇る『バラエティー生活笑百科』と、『ためしてガッテン』時代から数えると1995年から26年続いている『ガッテン!』が、来春にも終了する方向で検討していることが判明した。

 ?>>NHK教育の福祉情報番組で「女性差別なんて生っちょろい」弁護士の発言が物議 「煽ってるの?」炎上狙いの指摘も<<???

 長い間親しまれてきた2大番組を打ち切ったのは、より若い層を取り入れたいというNHKの意向が絡んでいる。実際、同局によれば、視聴者分析などをより重視して全番組を対象に見直しを進め、来春には大規模な改編を予定しているという。

 こうなると穏やかではいられないのが、そういった高齢者から人気を集める番組の命運だ。例えば、タモリの『ブラタモリ』。ビデオリサーチによると、10月30日オンエアの関東地区視聴率は世帯視聴率が11.2%、個人6.5%で合格点だが、50歳以上の男性、つまりM3が12.3%、同じように50歳以上の女性、F3が11.5%と圧倒的な一方、他の層には意外と受け入れられていないことが分かっている。肝心の20〜34歳女性=F1に至っては、1.6%と壊滅的だ。

 他にも危うい番組はある。それが笑福亭鶴瓶による旅番組『鶴瓶の家族に乾杯』だ。11月8日の関東地区での世帯視聴率は、同じくビデオリサーチ調べで9.6%、個人5.1%と安定しているが、こちらもやはりM3が9.0%、F3が10.5%と、他の年齢層より群を抜いて高い。他はせいぜい2%台となっている。

 最近は有吉弘行による『有吉のお金発見突撃!カネオくん』や、ナインティナイン岡村隆史の『チコちゃんに叱られる!』など、より年齢層の間口の広い番組にシフトしつつあるNHK。

 先に述べた方針で言えば、こうした大御所の番組も見直しの対象にならざるを得ないということなのかもしれない。果たして来春、“切られる”のはどの番組なのだろうか。

関連記事(外部サイト)