松本と巨人の不仲説を一蹴?「トムとジェリーに見えます」オズワルド、M-1最終3組に! 妹・伊藤沙莉も「突き進め!」

松本と巨人の不仲説を一蹴?「トムとジェリーに見えます」オズワルド、M-1最終3組に! 妹・伊藤沙莉も「突き進め!」

オズワルド

 19日、『M-1 グランプリ2021』決勝戦の生放送がABCテレビ・テレビ朝日系列にて始まった。司会は今年も今田耕司と上戸彩が務める。

 >>全ての画像を見る<<

 8月1日より1回戦がスタートした同大会。過去最多の6017組から決勝戦へと駒を進めたのは、インディアンス(吉本興業)、真空ジェシカ(プロダクション人力舎)、モグライダー(マセキ芸能社)、ゆにばーす(吉本興業)、ロングコートダディ(吉本興業)、オズワルド(吉本興業)、錦鯉(SMA)、もも(吉本興業)、ランジャタイ(グレープカンパニー)の9組。この9組に、直前に行われた敗者復活戦から勝ち上がったハライチ(ワタナベエンターテインメント)を加えた10組で漫才No.1の称号を争う。

 『笑神籤(えみくじ)』で選ばれた順番で1本目のネタを披露し、審査員の点数の合計が上位となった3組が最終決戦へと進む。今年の審査員も去年に引き続きオール巨人、上沼恵美子、立川志らく、ナイツ・塙宣之、ダウンタウン・松本人志、2001年M-1王者の中川家・中川礼二、2007年のM-1王者・サンドウィッチマン・富澤たけしの7名が務めた。

 激戦の結果、最終ステージへと駒を進めたのは665点獲得のオズワルド、655点の錦鯉、655点のインディアンスの3組。オズワルドは、伊藤俊介のツッコミのスタイルについて、昨年の同大会で審査員の松本と巨人の意見が分かれ、1年間悩み続けたという。直前まで舞台で漫才することにこだわり、磨き上げられたネタは本日1本目の最高得点に。

 このネタを松本も「めちゃくちゃ面白かったです」と絶賛、巨人も「直すとこないですね。聞く耳を持っているね、君ら二人」と、どちらの意見も取り入れた姿勢も評価したようだ。これを聞いていた伊藤は「去年はアメリカと中国に見えましたが、今日はトムとジェリーに見えます」と、“仲良く喧嘩する”2大レジェンドに安堵したようだった。最終ステージ進出決定を受けて、伊藤の妹で女優の伊藤沙莉が自身の公式Twitterに「よっっっっっっっし!よしよし! 突き進め!!!!!!!!!!」と、大興奮で投稿。声が枯れるほど兄の晴れ舞台を応援しているようだ。

 3組はこの後最終ステージで2本目のネタを披露。審査員の票数によって今年のグランプリが決まる。『M-1グランプリ 2021』は、この後10時10分までABCテレビ・テレビ朝日系列にて全国ネット生放送。

「M-1グランプリ2021」
12月19日(日)午後6時34分 〜 午後10時10分 放送
ABCテレビ・テレビ朝日系列全国ネット生放送

番組公式HP
http://www.m–1gp.com

記事内の引用について
伊藤沙莉の公式Twitterより
https://twitter.com/SaiRi_iTo

関連記事(外部サイト)