SNSトレンド1位、署名運動も起こった飯テロドラマ『異世界居酒屋「のぶ」』新作決定! 大谷亮平、武田玲奈、監督の品川ヒロシが再集結

SNSトレンド1位、署名運動も起こった飯テロドラマ『異世界居酒屋「のぶ」』新作決定! 大谷亮平、武田玲奈、監督の品川ヒロシが再集結

?『WOWOWオリジナルドラマ 異世界居酒屋「のぶ」Season2〜魔女と大司教編〜』

 俳優の大谷亮平が主演を務めるWOWOWオリジナルドラマ『異世界居酒屋「のぶ」Season2〜魔女と大司教編〜』が、5月より放送・配信される。

 ?>>“逆輸入イケメン俳優”大谷亮平、ネットでのハーフ説否定<<???

 同作は、2020年5月にシーズン1が放送された小説家・蝉川夏哉氏による人気シリーズ小説の実写ドラマ化。異世界につながってしまった居酒屋を舞台に、庶?的な居酒屋料理やお酒を通じて温かな人間ドラマが展開されるグルメファンタジーだ。

 2020年のシーズン1放送開始当時は、コロナ禍においてステイホームが呼びかけられる真っただ中。居酒屋に行けない視聴者などから支持を集め、最終回放送直後にはツイッター上で「#のぶシーズン2希望」の署名運動が起こりトレンド入りするなど、注目度の高さを見せていた。

 待望のシーズン2では前作同様、居酒屋『のぶ』を切り盛りする大将こと矢澤信之役を大谷が担当。『のぶ』の看板娘・千家しのぶ役を武田玲奈が演じ、監督&脚本も前作に続きお笑いコンビ・品川庄司の品川ヒロシが務める。メインストーリーでは、原作でもとりわけ人気の高い“魔女と大司教”などのエピソードを放送予定。さらに、シーズン1に登場した多様なキャスト陣に加え、個性豊かなキャラクターたちが新たに登場する。

 また、美味しそうに見せる料理描写が最大の魅力の同作。ASMR効果で話題となった料理の効果音もさらに磨き上げ、温度が伝わってくるほどのシズル感や、実際に食べたときの「カリっ」「サクッ」「ジュワー」っとした擬音を最高レベルで追求して飯テロ感もパワーアップしている。

 放送に先駆け大谷は、「続編は私自身も心待ちにしていました。慣れ親しんだ居酒屋のセットに戻れることや、そこから生まれる新たな展開を再び集結して制作できることは純粋に嬉しかったです。新たな登場人物、『のぶ』ならではの料理から広がる心温まるエピソードの数々。是非お楽しみに!」とコメント。同じく武田は、「シーズン2とあって、キャストもスタッフも更に一丸となって撮影に臨みました! 新しい豪華なキャストやまたまた美味しい料理も沢山出てきます! 是非お好きな飲み物を片手に異世界居酒屋『のぶ』を楽しんでください!」と明かした。

 監督&脚本を務める品川は「シーズン1のオンエア時にはツイッターのトレンド1位に輝くなど盛り上がっていただいたおかげで、シーズン2の制作に結びついたと思います。なのでシーズン1を見て愛していただいたみなさんの期待に応えられるような作品になるよう気合が入りました。ぜひお楽しみに」と意気込みを話した。

 『異世界居酒屋「のぶ」Season2〜魔女と大司教編〜』は、WOWOWにて5月より放送・配信予定。

『WOWOWオリジナルドラマ 異世界居酒屋「のぶ」Season2〜魔女と大司教編〜』
放送・配信日時:5月放送・配信スタート(全10話)
原作:蝉川夏哉『異世界居酒屋「のぶ」』(宝島社刊)
製作・著作:WOWOW
出演:大谷亮平 武田玲奈 ほか

関連記事(外部サイト)