中居正広 SMAP解散でトーク術に黄色信号

中居正広 SMAP解散でトーク術に黄色信号

(提供:リアルライブ)

 年内で解散するSMAP。メンバー間の確執や解散の真相など現在も様々な情報が飛び交っているが、SMAP解散の影響で、中居正広に黄色信号が灯るという。

 中居といえば、バラエティ番組を中心とした司会業などで活躍。アイドルらしからぬ、お笑いテクニックや進行技術が定評で、もはや日本を代表する司会者と言っても過言ではない。しかし、「SMAP解散」=「脱アイドル化」することで、トークの幅が狭まってしまうとの指摘がある。

 「様々な角度でトークを展開できる中居ですが、トークの1つのパターンとして、“アイドル自虐”がある。中居は度々、庶民的な生活や女性との付き合い方が分からないなど、アイドルらしからぬプライベートを明かすことで、笑いをとってきました。“国民的アイドル”という肩書きがあるからこそ、成立するトーク術です。SMAPが解散してしまうと、当然アイドルではなくなり、タレントとして扱われる。そうすると、大きなギャップがなくなる訳ですから、鉄板トークで笑いをとりづらくなるでしょうね。中居は今後、新たなトークパターンを考える必要がある」(芸能記者)

 確かに中居のストロングポイントでもある“アイドル自虐”。ただ、その他の部分でもトーク術は突出している。SMAP解散後、中居はどのようなトークを魅せていくのか、注目だ。

関連記事(外部サイト)