週刊裏読み芸能ニュース 9月3日から9月9日

週刊裏読み芸能ニュース 9月3日から9月9日

(提供:リアルライブ)

■9月3日(土) 堤真一が18年大河の主演に内定?
 一部スポーツ紙が、俳優の堤真一が18年のNHK大河ドラマの主演に内定し、明治維新の立役者の一人として知られる西郷隆盛を演じることを報じた。
 同局は8日、18年度の大河ドラマが西郷隆盛が主人公の幕末ドラマ「西郷(せご)どん」に決定したと発表したが、出演者は現在調整中で、一部で主演と報じられた俳優・堤真一は出演を断ったことが明らかになった。
 「紅白の出場歌手もそうだが、報道が出た途端、NHKが出演交渉をやめたりする場合がある。今回も、報道が出てしまったことで堤の主演がなくなった可能性が高い」(放送担当記者)
 
■9月4日(日) 天海祐希がカナダで“非婚宣言”
 天海が阿部寛とW主演する映画「恋妻家宮本」(来年1月28日公開)がカナダで開催された「第40回モントリオール世界映画祭」で公式上映され舞台あいさつに登場。阿部とは夫婦役だが、一部スポーツ紙によると、現実の結婚について聞くと、「結婚する気は、1ミクロンもありません。相手もいません」と言い切ったという。
 「天海の言う通り、最近はマークしてもまったく男の影がない。すでに男関係に関しては達観したようだ」(女性誌記者)
 スキャンダルがなければ仕事はこの先も順調なようだ。

■9月5日(月) 古舘伊知郎に“テコ入れ”を託したフジテレビ
 フジの10月番組改編会見が行われ、古舘が深夜とゴールデンそれぞれ1本ずつのレギュラーをつとめることが発表された。
 「相変わらず、視聴率低迷の打開策が見つからないままのフジ。まだ他局が声をかけていないうちに古舘に声をかけ、視聴率の“テコ入れ”を託した。古舘の番組がコケたらかなり厳しい」(テレビ関係者)

■9月6日(火) テレビ東京が高畑淳子の“ノーカット”を決定
 息子で元俳優の高畑裕太が強姦致傷で逮捕された高畑淳子だが、テレ東が10月の改編説明会で、同21日と22日放送のスペシャルドラマ「模倣犯」の高畑の出演シーンをカットせずに放送することを発表した。
 裕太は9日に被害者との示談が成立したとして保釈されたが、示談交渉がまとまりそうなことを受けての発表だったようだ。

■9月7日(水) 志村けんが早くも仕事復帰
 8月19日に肺炎で緊急入院し同31日に退院した志村だが、一部スポーツ紙が11日に収録される日テレのバラエティー特番で復帰することを報じた。
 「『フライデー』(講談社)が退院の夜、都内の行きつけのガールズバーに来店した様子を報じた。周囲は静養をすすめているが、本人が仕事復帰のため、早々といつもの“夜”のペースに戻したようだ」(芸能プロ関係者)
 仕事もプライベートもあまり飛ばしすぎないでほしいものだが…。

■9月8日(木) NHKがSMAPに熱烈オファー
 NHKの籾井勝人会長が都内で定例会見。年内で解散が決まっているSMAPに対して「ぜひ出ていただきたい」とおおみそかの紅白出場を熱烈オファー。自らジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長に直談判する意向を明かした。
 「やはり、今年の紅白の目玉はSMAP以外にあり得ないだろう。しかし、水面下では年間視聴率アップのため、確実に視聴率が取れるSMAP特番をフジがオファーしているという情報も。SMAPはおおみそかまで忙しくなりそうだ」(芸能記者)

■9月9日(金) 元キンコメ・高橋被告に有罪判決
 都内の高校に侵入して女子生徒の制服などを盗んだとして窃盗と建造物侵入の罪に問われた元お笑いコンビ「キングオブコメディ」の高橋健一被告の判決公判が9日、東京地裁で行われ、懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役3年)の有罪判決が言い渡された。
 菅原暁裁判官は、「長年繰り返した性癖は根深く再犯も予想される」と指摘。被害者25人中16人と示談が成立したことなどが考慮され執行猶予が付いたのだが…。
 「高橋被告は精神科でカウンセリングを受けているようだが、そう簡単に治療できる症状ではないようだ。介護が必要な父親を抱え、またストレスが溜まり再犯に及ぶ可能性もある」(全国紙社会部記者)
 酒もタバコもやらないというだけに、ほかのストレスのはけ口を探した方がよさそうだ。

関連記事(外部サイト)