SMAPをスーパースターとして育て上げたテレビ局の功績

SMAPをスーパースターとして育て上げたテレビ局の功績

(提供:リアルライブ)

 国民的アイドルグループ・SMAPの解散発表は、各方面に激震が走った。彼らがここまでの地位に登り詰めたのはファンの支えによる部分も大きいが、テレビマンの間では、“テレビこそがSMAPを育て上げた”という自負があるという。

 SMAPは1991年に「Can't Stop!! -LOVING -」でCDデビューしたが、当時のジャニーズとしては珍しくCDランキングでは1位を獲得することはできず、2位という結果に終わった。その後もCDランキングで1位を獲得することはできず、SMAPは危機的状況に陥っていた。
 
 そんな中、1992年4月にフジテレビ「夢がMORI MORI」にレギュラー出演。この頃、ジャニーズのアイドルがバラエティ番組に出演することは、非常に珍しいことだった。

 「SMAPを起用した制作陣は、度胸がありますね。深夜枠とはいえ、結果は求められる。国民的アイドルグループの土台を築き上げた、原点はここにあると思います。」(テレビ局関係者)

 ただ、1992年8月、愛知県・名古屋レインボーホールで行われたライブでは、客席が7割程空席という異常事態。まだまだ、世間ではSMAPの認知度は低かった。

 その後、状況は徐々に変化する。フジテレビの月9ドラマ「あすなろ白書」に木村拓哉が出演。主演ではないものの、キーマンとなる役柄を演じ、大きな注目を浴びた。木村が注目を浴びると、自然とSMAPというグループにも目を向けられ、SMAPは世間から認知されるようになった。

 そして、1994年発売の12枚目シングル「Hey Hey おおきに毎度あり」でようやく1位を獲得。その後、SMAPはCDランキングにおいて、怒濤の快進撃を続ける。

 すでにこの頃、木村は俳優として評価を高めていたが、他のメンバーはまだまだ、個性を発揮する事ができなかった。そんな中、中居と香取が、1994年4月からフジテレビ「笑っていいとも!」の曜日レギュラーとして出演。1995年には草なぎ剛も同番組のレギュラーに抜擢され、当時お昼の番組の中で圧倒的な人気を博していた番組に出演することで、メンバーは世間からの認知度を一気に高めた。

 「『いいとも!』の出演が、大きなターニングポイントとなった事は言うまでもないでしょう。この頃、木村以外のSMAPメンバーは世間的にみたら無名に近かった。現場でも中居や香取、草なぎはまだまだバラエティ番組で何をしたら良いか分からず、また何も出来なかった。ただ、タモリさんなどの大物タレントから、バラエティのイロハを学び、今に活かされている」(テレビ局幹部)

 その後、1996年にフジテレビで「SMAP×SMAP」がスタート。メンバーは他にも数々のドラマやバラエティ番組に出演し、メンバーの個性を伸ばしてきた。おのずとSMAPメンバーの人気も高まり、SMAPはカリスマ性を放つ事になった。

 「各局でSMAPメンバーを起用し、視聴率も獲れていた。テレビ局はタレントを発掘し、スーパースターへと育てるという役割もある。ファンの方々は、『SMAPを育て上げたのは、ファンだ』みたいなこと言いますが、テレビ局の功績も認めてほしいですね。そもそも、テレビ局がSMAPを起用していなかったら、国民的アイドルグループとしての地位はなかった訳ですから」(テレビ局ディレクター)

 確かに、SMAPの今の地位はテレビ局の功績に寄る部分も多い。SMAPファンはどのように受け止めるのだろうか…。

関連記事(外部サイト)