高畑裕太の大声謝罪に「開き直ってないか?」の声

【高畑裕太が釈放】前橋署を出る際の大声謝罪にネット上で開き直りを指摘する声も

記事まとめ

  • 高畑裕太が大声で叫ぶように謝罪をし、ネット上で開き直りを指摘する声があがっている
  • 高畑淳子の会見に対しても非難が出ているが、それ以上に裕太の対応は評判が悪いという
  • さらに弁護士の経緯説明にも批判が出ており、事後対応で裕太の復帰はなくなったという

高畑裕太の大声謝罪に「開き直ってないか?」の声

高畑裕太の大声謝罪に「開き直ってないか?」の声

(提供:リアルライブ)

 強姦致傷容疑で逮捕されたが不起訴処分となり、9日に釈放された女優の高畑淳子の息子で元俳優の高畑裕太。群馬県・前橋署を出る際に大声で叫ぶように、「この度はみなさまに多大なるご迷惑をおかけして本当に申し訳ございませんでした」と謝罪。30秒間深々と頭を下げた。

 本人がどんなつもりだったかはナゾだが、この謝罪は非常に評判が悪いことは事実だ。ネット上では、「開きなおってないか?」「報道陣をにらみつけて不満そう」などの声が挙がっている。

 「母親の高畑淳子での会見は、報道陣の質問に丁寧に答えているのが印象的であったものの、一部からは、息子をかばいすぎているとの意見もありました。それ以上に今回の高畑裕太の対応は評判が悪い」(週刊誌記者)

 さらに真実かどうかは別にして、その後の弁護士の「違法性の顕著な悪質な事件ではなかった」「女性を見て欲求を抑えられなかった。やったことは認めるが、計画していたわけではない」との経緯を説明するコメントもネット上で批判を浴びてしまった。

 芸能界はイメージを大切にする世界。母の高畑淳子は息子の芸能界への復帰を否定していたが、事後の対応で高畑裕太の復帰は完全になくなったといえるだろう。

関連記事(外部サイト)