ベイカー茉秋 話題のド派手祖母とイベント初共演

ベイカー茉秋 話題のド派手祖母とイベント初共演

(提供:リアルライブ)

 リオデジャネイロ五輪の男子柔道90キロ級で金メダルを獲得したベイカー茉秋選手が13日、都内で行われた映画『スーサイド・スクワッド』公開記念イベントに登場し、祖母の小林リナさんとイベント初共演した。

 小林さんは同作に登場するハーレイ・クインの格好で、同じく同作に登場するジョーカーに扮したなだぎ武にエスコートされ登場。衣装のポイントについての話になると小林さんは「これ、ハンガリーのお土産で…」と衣装ではなく、腰につけた人形を笑顔でアピールし、笑いを誘った。また、「タイツが切れてしまって、恥ずかしい」と話し、なだぎに米粒で補修したことを暴露されていた。

 ベイカーは、リオ五輪で奇抜な衣装で応援する姿が話題となった祖母について、「帰国した次の日に、うなぎ屋さんに連れて行ってもらったんですけど、そこでも一番目立っていました」と帰国後も目立ちまくっていたと明かす。今月19日が「敬老の日」ということで、「家族の応援もそうですし、おばあちゃんの応援も力になっている。そういう支えがあったからこその金メダルでした」と小林さんの応援に感謝し、自身の金メダルを小林さんの首にかけた。

 さらに、映画をPRする場面ではベイカーがコメントを考えるために悩んでいると、すかさず、小林さんから“ささやき”でアドバイスが入り、MCから「どこかで見たような光景ですね」とツッコまれていた。(斎藤雅道)

関連記事(外部サイト)