武田鉄矢が「宮沢賢治の魅力」を解き明かす

武田鉄矢が「宮沢賢治の魅力」を解き明かす

(提供:リアルライブ)

 文化放送では、9月19日(月・祝)に特別番組『武田鉄矢 出張出前おろし第2弾 〜宮沢賢治生誕120年記念 ミステリアス「風の又三郎」〜』を放送する。

 この特別番組は『武田鉄矢 今朝の三枚おろし』(月〜金 午前7時45分〜7時55分)でパーソナリティを務めている武田鉄矢が宮沢賢治の短編小説「風の又三郎」を解き明かす2 時間の特別番組。作品が発表されてから80年以上たった今でも読み継がれている名作を、武田鉄矢独自の解釈による絶妙な語りで解き明かす。

 9月3日にこの特別番組の公開収録が行われ、武田鉄矢が「風の又三郎」というどこか不思議な後味が残る物語に仕掛けられたトリックを解き明かしながら、日本人の持つ深層心理に迫った。

 武田は詰め掛けた聴衆に向けて、「現代の不幸は身体の中を吹く“風”や“雨”に鈍感になったことにあるような気がします。身体の“季節”に従うことが人間としての成熟なのではないでしょうか」と語ってる。

 この公開収録の模様は9月19日(月・祝)午前9時よりオンエアされる。

関連記事(外部サイト)