ジャニーズ・中島裕翔 主演ドラマ低視聴率も“期待ゼロ”じゃないジュリー副社長

 ジャニーズの人気グループ「Hey!Say!JUMP」の中島裕翔が初めてゴールデンで連ドラ単独主演を務めたフジテレビのドラマ「HOPE〜期待ゼロの新入社員〜』は厳しい結果となったが、事務所の中島推しに変わりはないという。

 初回6.5%、2回目は7.1%とゴールデンのドラマとしてはイマイチのスタートだった「HOPE〜期待ゼロの新入社員〜」。終盤に行くにしたがい7回4.8%、8回4.9%と5%も切ってしまった。フジテレビ関係者は「夏ドラマは数字が取れないとはいわれていますし、今年はリオ五輪もあった。厳しい中でこの数字です。合格点ではないものの、ダメという烙印ではない」。

 そもそも日曜の9時というのはTBSがドラマで一番の力を入れてくる「日9枠」。フジテレビは今年4月からドラマを復活させたが、4月クールの『OUR HOUSE』は平均が4.5%と大苦戦を強いられた。「4月の同時間枠にTBSは松本潤が主演の『99.9』。高視聴率でしたから余計、低さが際立った。そのことを考えれば平均6%台というのはよくできた方。むしろ、次の中島のドラマはどうするかという話し合いさえ行われているなんて話も局では聞こえてきているくらいですよ」と同関係者。

 「Hey!Say!JUMP」はジャニーズの次期社長でもあるジュリー副社長が一際力を入れているグループで、一昨年あたりからの様々な露出増で一気に大人気グループへと成長していった。ある芸能プロ関係者は「ジュリーさんは彼らを嵐の次に来るようなグループにしたいと思っているほど可愛がっています。ただ、いまドラマで主演を張れるというと山田涼介となってしまうので、何とかもう1、2人育てようとしている。そのうちの1人が中島です。来年早々にもまた主役もくしは準主役クラスのドラマが入るとはいわれていますね」。

 次はこの期待に応えられるか。

関連記事(外部サイト)